• House in ota
  • House in ota
  • House in ota
  • House in ota
  • House in ota
  • House in ota

設計コンセプト

和歌山市に建つ木造平屋建ての住宅の計画です。
敷地はかつて水田を宅地開発した場所で、南西側には大門川が流れており、川沿いは桜並木になっています。
施主は平屋の建物を要望しました。

如何にプライバシーを確保した上で自然光を室内に取り込むのか?
空間と一体となった美しい光の取り入れ方とはどういうものか?を考えました。

建物は、敷地形状にならって中庭を囲むようにジグザクに配置しました。
プライバシーの確保から、道路側のアイレベルは最小限の開口にし、特徴的なノコギリ屋根のハイサイドライトから、自然光が降り注ぐよう計画しました。
工業建築物を思わせるようなノコギリ屋根の建物は、白い彫刻の様になりました。