CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • シュトゥッコ展

    パンタロンでのシュトゥッコのトーク全9回の内8回参加させていただきました。 ドナルド・ジャッドの展覧会カタログやFARMなど僕が魅かれるデザインはシュトゥッコによるものだったことを知りました。 秋山さんからは、ヘゲモニーに対する「反抗」の精神、知的誠実さを感じました。 構造主義とポスト構造主義を道

    ハーバード白熱教室

    NHK教育の「ハーバード白熱教室」面白い。 ハーバード白熱教室 http://www.nhk.or.jp/harvard/index.html Michael Sandel(マイケル・サンデル) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB アリストテレス http://ja.wikipedia.org/wiki

    稲垣元則展-phase

    nomart Contemporary Artに稲垣元則展-phaseを見に行ってきました。 nomart Contemporary Art http://www2.nomart.co.jp/news/index.html 稲垣元則さん http://www.nomart.co.jp/inagaki/index_A.html

    コイズミアヤ展

    画廊 編にコイズミアヤ展 隣の部屋 monadoを見に行ってきました。 建築の模型の様な作品は、デュシャンの作品をも連想させる。形而上学的な幾何学は何故かポストヒューマン(脱人間中心主義的)な感じもして、不思議な感覚の世界へ連れてってくれる。 画廊 編 http://www.ami-kanoko.com/ コイズミアヤさん h

    ギャラリー巡り

    サイギャラリーに藤本由紀夫 notes 1979-2009展に行ってきました。 サイギャラリー http://saigallery.com/ 藤本由紀夫さん http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&source=hp&q=%E8%97%A4%E6%9C%AC%E7%94%B1%E7%B4%80%E5

    ギャラリー巡り

    OギャラリーeyesにreseauⅡ‐solide レゾー2 ソリッド 稲垣元則 日下部一司 山田七菜子 展に行ってきました。 O Gallery eyes http://www2.osk.3web.ne.jp/%7eoeyes/ Studio Jにmariane展 食べる eat を見に行ってきました。 Studio J http://studio-j.ciao.jp/exhibitions.html

    トイレの神様

    植村花菜「トイレの神様」いい曲だ。 http://www.youtube.com/watch?v=OlMbOxyTwXY http://www.youtube.com/watch?v=NPZABQRqzGU&feature=related

    大西伸明展 Chain

    ノマルギャラリーに大西伸明展 Chainのオープニングに行ってきました。 大西伸明展 Chain http://www2.nomart.co.jp/news/index.html 大西伸明さんのHP http://www.nomart.co.jp/~onishi/ 大西さんの作品は日常のものを僕達が捉えるときに避けがたく必然的にある「真理への信仰」を脱構築してくれる。そのオブジ

    長澤英俊展 -オーロラの向かう所-

    国立国際美術館に長澤英俊展 -オーロラの向かう所-を見に行ってきました。 長澤英俊展 -オーロラの向かう所- http://www.nmao.go.jp/japanese/b3_exhi_beginning_nagasawa.html

    三浦洋子 展 山口義順 展

    ギャラリーヤマグチに三浦洋子 展、山口義順 展のオープニングに行ってきました。 三浦洋子 展 http://www.g-yamaguchi.com/artists/miura/2009.html 三浦さんの作品はオーガンジーを重ねることでタブローの物理的には平面空間にモアレを生じされるものだ。「偶然を操作する」という作品、ジョン・ケージを思い出

    migratory -世界に迷い込む-展

    アートコートギャラリーにmigratory -世界に迷い込む-展を見に行ってきました。 林勇気さんの「landscape」2009はすごくいい作品だと思います。neutronでの「overlap」展を見た時は、「ちっちゃなオッサン(妖精)」の世界だなと感じたのですが、今回は奥行感がありその世界に引き込まれてしまいます。実際のモニ

    drowning room 展

    神戸アートビレッジセンターにdrowning room 展を見に行ってきました。 http://www.kavc.or.jp/art/aip/drowning/index.html

    田中和人「青い絵を見る黄金の僕」展

    Port Gallery Tに田中和人「青い絵を見る黄金の僕」展を見に行ってきました。 http://www.portgalleryt.com/exhibitions/kazuhito_tanaka_02.html

    ギャラリー巡り

    Port Gallery Tに上野王香「ソマチット」展を見に行ってきました。 スターウォーズの様な不思議な世界。 http://www.portgalleryt.com/exhibitions/ooka_ueno.html neutronに林勇気 展 「overlap 」を見に行ってきました。 「ちっちゃなオッサン(妖精)」の世界。 http://www.neutron-kyoto.com/gallery/09_11_d

    越野潤 2 colors、福岡舞子「 」とその周辺

    ギャラリーヤマグチに越野潤 2 colors展、福岡舞子 「 」とその周辺展のオープニングに行ってきました。 越野さんと話しているとやはり、既存の形式である絵画と彫刻の境界を宙吊りにすることも考えているとのことである。既存の形式を疑うこと。 福岡さんの作品は「キャンバスを包むということ」「本を包むこと

    「野兎の眼」松本典子写真展

    Calo Bookshop & Cafeに「野兎の眼」松本典子写真展を見に行ってきました。 一通り見たとき、小説を読んだ様な感覚になり、少し泣きそうになってしまいました。 Calo Bookshop & Cafe http://www.calobookshop.com/ 松本典子さんのHP http://www.microcosmos.jp/

    大島成己展 – Reflections

    ノマル・ギャラリーに大島成己展 – Reflectionsのオープニングに行ってきました。 大島成己展 – Reflections http://www2.nomart.co.jp/news/index.html 大島成己さんのHP http://www.naruki-oshima.org/

    佐伯慎亮「挨拶」展

    複眼ギャラリーに佐伯慎亮「挨拶」展を見に行ってきました。 「善悪の彼岸」と一言で済ますわけにはいくまい。誕生、生、死・・・日常はすべてのもので満ち満ちていますが、それに価値を与えるのは、その時代、その集団的無意識、そのイデオロギーの下の言語(文化)に拠っている。しかし、現実の世界は価値とい

    日下部一司 展「素の味」

    ギャラリー・ヤマグチの日下部一司 展「素の味」オープニングに行ってきました。 二次会にも参加させていただき、日下部さんにお話を伺うことができました。 カメラは35ミリでキヨハラのレンズを使っているとのこと。 いつもクスッとさせられる作品の題は、最初にあるのではなくて作品ができたあとの最後の塩コシ

    ウィリアム・ケントリッジ展

    京都国立近代美術館にウィリアム・ケントリッジ――歩きながら歴史を考える展を見に行ってきました。 http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2009/376.html

    名和晃平展 Transcode

    ギャラリー・ノマルに名和晃平展 Transcodeのオープニングに行ってきました。 http://www2.nomart.co.jp/gallery/index.html 以前の作品で液晶パネルの中にあったドットのゆらぎが、今回の展示で床に投影されている作品を見ていると、自身が浮いている様なクラクラする感覚に襲われるのだが、如何に私達が、私達

    ギャラリー巡り

    Tha Third Gallery Ayaに「Moving Plants – in the thick of itadori 渡邊耕一 展」に行ってきました。 http://www.thethirdgalleryaya.com/exhibitions/2009/08/moving_plants_in_the_thick_of.php Studio Jに高橋涼子 個展「HAIR(=)COMPLEX」に行ってきました。 http://studio-j.ciao.jp/futuer_ex.

    ART OSAKA 2009

    ART OSAKA 2009のプレヴュー、オープニングパーティーに行ってきました。 去年とは違い今年はプレヴューの人数制限をしたらしく、各部屋の作品は見やすかったです。出展されている作品も昨年より落ち着いた感じがしました。 ART OSAKA 2009 http://www.artosaka.jp/

    荒木由香里 個展 waltz

    Studio Jに荒木由香里 個展 waltz を見に行ってきました。 Studio J 荒木由香里 個展 waltz http://studio-j.ciao.jp/futuer_ex.html

    大西正一「Sequence」展

    サードギャラリーアヤに大西正一「Sequence」展を見に行ってきました。 Tha Third Gallery Aya 大西正一「Sequence」展 http://www.thethirdgalleryaya.com/exhibitions/2009/04/sequence_1.php

    佐藤貢展

    PANTALOONに佐藤貢展を見に行ってきました。 PANTALOON 佐藤貢展 http://www.pantaloon.org/exhi_sato.html

    Jomi Kim展”Mythology-身近な神話-”

    Port Gallery TにJomi Kim展”Mythology-身近な神話-”を見に行って来ました。 Port Gallery T Jomi Kim展”Mythology-身近な神話-” http://www.portgalleryt.com/exhibitions/jomi_kim.html

    インシデンタル・アフェアーズ展

    サントリーミュージアムにインシデンタル・アフェアーズ うつろいゆく日常性の美学展に行ってきました。 http://www.suntory.co.jp/culture/smt/gallery/index.html

    Don't Think. Feel!展

    ギャラリーヤマグチに Don’t Think. Feel!展を見に行ってきました。 http://www.g-yamaguchi.com/exhibition/don’t_think.html

    杉本博司「歴史の歴史」展

    国立国際美術館に杉本博司「歴史の歴史」展を見に行ってきました。 杉本博司さん http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&q=%E6%9D%89%E6%9C%AC%E5%8D%9A%E5%8F%B8&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi 国立国

    尾柳佳枝「しゅるぅとうかぶ」展

    Calo Bookshop & Cafe / Calo Galleryに尾柳佳枝「しゅるぅとうかぶ」展を見に行ってきました。 尾柳佳枝さん http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&q=%E5%B0%BE%E6%9F%B3%E4%BD%B3%E6%9E%9D&lr=&um=1&ie=UT

    森太三展「世界の果て」

    PANTALOONに森太三展「世界の果て」を見に行ってきました。 PANTALOON http://www.pantaloon.org/exhi_mori.html 森太三さん http://www.sky.sannet.ne.jp/works/artist/mori2.html

    ギャラリー巡り

    キャラリーヤマグチに三嶽伊紗「遠景の座標」展に行ってきました。今までの三嶽さんの作品とはイメージが違い、静かな映像作品でした。 キャラリーヤマグチ http://www.g-yamaguchi.com/

    ギャラリー巡り

    6日 Tha Third Gallery Ayaに「PARALLEL CHAOS みとま文野展」のアーティストトークに行ってきました。 http://www.thethirdgalleryaya.com/ みとま文野さんのHP http://www.ayanomitoma.com/ 7日 PANTALOONに「今村遼佑展 畔を迴る」に行ってきました。 http://www.pantaloon.org/exhi_imamura.html 今村遼佑

    吉村熊象展

    パンタロンに吉村熊象個展「風景な風景」を見に行ってきました。 パンタロン 吉村熊象個展「風景な風景」 http://www.pantaloon.org/exhi_yoshimura.html 吉村熊象さんのHP http://kumazou.arrow.jp/index.html

    吉岡俊直展

    奈良のGallery OUT of PLACEの吉岡俊直展オープニングに行ってきました。 Gallery OUT of PLACE 吉岡俊直展 http://www.outofplace.jp/G.OoP/current%20show.html 吉岡俊直さんのHP http://www2a.biglobe.ne.jp/~yoshioka/

    ギャラリー巡り

    27日 CAS「本郷仁展」 http://cas.or.jp/2008/HONGO/index.html Port Gallery T「DOOR 2008」 http://www.portgalleryt.com/exhibitions/door2008.html The Third Gallery Aya「アーガス 小林久晃」 http://www.thethirdgalleryaya.com/ Calo Bookshop & Cafe / Calo Gallery エルマガジン「そうだ聖地へ行

    ギャラリー巡り

    ギャラリーヤマグチに行ってきた。 SIMON FITZGERALD サイモン・フィッツジェラルド 「Theoria」展 http://www.g-yamaguchi.com/artists/simon/simon.home.html 山内麻起子 個展 http://www.g-yamaguchi.com/artists/yamauchi/yamauchi2006.html

    ギャラリー巡り

    ニュートロンに林勇気展『ちいさなまひ』を見に行ってきました。 http://www.neutron-kyoto.com/gallery/08_10_dm/HAYASHI_YUUKI/index.htm 林勇気さんのHP http://www1.odn.ne.jp/tropfen/kanyukuyuki/ 京都芸術センターの「dual points」展の高木正勝さんの作品を見に行ってきました。 http://www.kac.or.jp//e

    前田季実子展 34°42'40.87"N 135°29'35.83"E

    パンタロンに前田季実子展 34°42’40.87″N 135°29’35.83″Eを見に行ってきました。 作家さんもおられてお話を聞くことができました。 日常にある目に見えないものを可視化するということ。今回は重力、磁力(地軸の向き)、緯度経度、光のスペクトルを視覚化(体験できるものに)すると

    アート大阪2008

    アート大阪2008のオープニングに行ってきました。 http://www.artosaka.jp/ 今年は去年の倍の数の47ギャラリーが参加し、堂島ホテルの4フロアーを貸し切っての開催でした。全部のギャラリーを見るのに3時間半ぐらいかかりました。何人かのアーティストさんともお話ができました。その後はノマルの二次会に参加さ

    アイカ現代建築セミナー:Cecil Balmond+伊東豊雄

    昨夜の話は、「理性」をもった「主体」が「デザイン(計画)」する建築(つまりあるデザインがあらかじめ想定された上でそのデザインを完成させる)という近代の(現在の)盲目的に信じ込まれている構造(そういう意味では現在も中世のキリスト教世界のようだが)の代わりに、アルゴリズムによってその結果がどの

    稲垣元則展: distance

    ノマルに稲垣元則展: distanceのオープニングに行ってきました。 稲垣さんの世界の捉え方とその提示された感覚は共感を覚える。おそらく建築でもステートメント(言説)の他に持ち得る感覚だと思う。(井戸) nomart 稲垣元則展: distance http://www2.nomart.co.jp/gallery/index.html

    中西信洋展 Halation

    今日の事ではないが、3月22日にノマルの中西信洋展のオープニングに行ってきた。 入口近くのCubeのスペースでは自分がそのドローイングの世界にまさに入ってしまう感覚を覚える。 2次会で中西さんとお話をさせていただいたのだが、1枚のドローイングの中で地と図の密度が左から右に向かって行くうちに変化してい

    名和晃平展 TORSO

    ノマルに名和晃平展 TORSOのオープニングに行ってきました。 二次会では、作品を見て疑問に感じたこと、立体作品の照明の色温度や表面の仕上について、直接名和さんに御伺いできたのでよかったです。個人的には一ファンとして、以前のイノセントな世界感の強度は弱めて欲しくないというのが感想です。 ノマル 名

    田中朝子展 pool

    今日はノマルに田中朝子展 pool のオープニングに行ってきました。 僕はギャラリーの床に近いほうが透明な水の濃度が濃く、天井に近づくにつれて透明な空気に濃度が変っていくような感覚を覚えました。 おそらく、日中の自然光がキャラリーに降り注いでいるときに行かれるほうがいいとおもいます。 ノマル 田

    Sadistic Mikaera Band

    最近のお気に入り 木村カエラ Sadistic Mikaera Band(You tube) http://www.youtube.com/watch?v=owvUoT5qHdE&mode=related&search= http://www.youtube.com/watch?v=WzGuEsn6deI http://www.youtube.com/watch?v=7KvtcdxrL_4 http://www.youtube.com/watch?v=quln7Ttv-34&mode=related&search

    彩り

    ラジオ(FM802)はミスチル15周年記念をやっている。 最近のお気に入り。 Mr. Children 彩り YouTube 彩りPV http://www.youtube.com/watch?v=IVFAKdTRgEo 彩り 歌詞 http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B21431

    ぼくはくま

    最近のお気に入り。 宇多田ヒカル「ぼくはくま」 You Tube 宇多田ヒカル「ぼくはくま」 http://www.youtube.com/watch?v=3OGssU5yRgU

    Salyu Platform

    SalyuのPlatformが最近のお気に入り。 You Tube(Salyu-Platform) http://www.youtube.com/watch?v=r9nM8GXpS_M&mode=related&search= Salyu-Platform 歌詞 http://svr1.utamap.com/showkasi.php?surl=B19213 You Tube(Salyu) http://www.youtube.com/results?search_query=Salyu

    中西信洋展 さかさまの風景

    ノマルへ、中西信洋展のオープニングに行く。 今回の作品はドローイングだった。中西さんにお話を伺うことができた。始めに手の動きと表れてくるイメージ(モコモコとしたもの)から始まって、その色鉛筆の線がとじることなく、毛糸がホツレテいるかのようになっていて、ドローイングに表れるイメージが中身が詰

    Art in CASO 2006

    Art in CASO 2006に行ってきた。 いつもおじゃまするギャラリーヤマグチやノマルも参加しているアートフェアだ。 CASO http://www.cwo.zaq.ne.jp/caso/top/top1.html ギャラリーヤマグチのブースでは、以前から展覧会で気になっていた山内麻起子さんの作品が並んでいて、気に入ってしまった。早速、購入の予約を

    The CREMASTER Film Cycle

    マシュー・バーニーの「クレマスター・サイクル」を見てきました。現代版(アメリカ版)ボイス(ヨゼフ・ボイス)という感じでしょうか。ジャック・ヘルツォーグが関心を持つのはよくわかります。ボイスの「アクション」がバーニーでは「映像」の中で再生産され、ロウやハチミツは整形用のシリコンになり、コヨー

    稲垣智子展

    サードギャラリーAyaに、稲垣智子展『私の本当の名前-My Ture Name』に行く。 http://www.threeweb.ad.jp/~ayay/artists/inagaki_tomoko/index.html 激しい作家さんだなと思った。時間がいやおうなく作品を変化させていく。定点観測のように時間の経過とともにみてみたい作品。

    TO U

    あまりに疲労が蓄積していたので、ここ2日完全休養とすることにした。 ラジオからBANK BANDの「TO U」が、 なんていい曲なんだろう。 BANK BAND WITH SALYU(You Tube) http://www.youtube.com/watch?v=C9R1HK2KtVA BANK BAND WITH SALYU TO U

    今村源展

    ノマルに今村源展のオープニングにいく。 http://www.nomart.co.jp/index.html 今村源 http://images.google.co.jp/images?q=%8D%A1%91%BA%8C%B9&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5

    My Architect

    DVDのリージョンコードの違いで見れなかったMy Architectを劇場で観てきた。 http://www.myarchitect.jp/ Louis I Kahn http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Louis+I+Kahn&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&sa=N&tab=wi

    ULTRA BLUE

    宇多田ヒカル ULTRA BLUE

    ノマル→Studio J→ヤマグチ→CASO

    本日は午後からギャラリー巡り。 ノマルに中原浩大展を見に行く。 http://www.nomart.co.jp/gallery/index.html 中原浩大 http://images.google.co.jp/images?q=%92%86%8C%B4%8D_%91%E5&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 Studio Jに大西伸明展を見に行く。 http://www.daik

    鈴木崇展『Altus-spatium』

    サードギャラリーAyaに鈴木崇展『Altus-spatium』を見にいく。 http://www.threeweb.ad.jp/~ayay/artists/suzuki_takashi/index.html 鈴木さんの作品は、作品が二つのピースになっていて、写真の焦点が存在しない作品で、一つの写真を分割したものなのか、二つの写真を組み合わせたものなのかがわからない。そこ

    本城直季展

    equalに、本城直季展にいってきました。 equal http://www.equal-osaka.com/ 本城直季 http://www.tokyo-source.com/japanese/archives/2005/09/012.html http://images.google.co.jp/images?q=%96%7B%8F%E9%92%BC%8BG&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 写真集を購入しまし

    大島成己展

    ノマルに大島成己展のオープニングに行ってきました。 大島成己 http://www.naruki-oshima.org/ http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=%91%E5%93%87%90%AC%8C%C8&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 ノマル・エディション http://www.nomart.co.jp/gal

    鮫島大輔展

    equalに鮫島大輔展を見にいってきました。 鮫島大輔 http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=%8EL%93%87%91%E5%95%E3&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 equal http://www.equal-osaka.com/

    津田直展

    ギャラリーKaiに津田直展、最終日いってきました。 津田直 http://images.google.co.jp/images?q=%92%C3%93c%92%BC&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5

    雨の中ギャラリーへ

    信濃橋画廊で池田啓子さんが3月25日まで展覧会をされているそうなのでいってみた。 池田さんがおられてひとしきりお話に付きあっていただけた。一つだけの作品(一部屋のみ)だったが、緊張感のある静かな作品だった。 池田啓子 http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&

    「名和晃平のCELL「現実」の表皮を解体する試み」を読んで

    ノマルでの名和晃平さんの展覧会でお会いした、金悠美さんから「美術フォーラム21 2005 Vol.12 」を郵送していただいた。 早速、金さんの書かれたP.18~「名和晃平のCELL「現実」の表皮を解体する試み」を読んでみた。 名和さんの作品は先ず美しいなと思っていて、それ以上の意味を探ろうとはあえて僕はしていな

    中西信洋展と名和晃平展

    中西信洋展 http://www.pref.osaka.jp/f_inf/koho/kh00001/kh12285000250.html http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=%92%86%90%BC%90M%97m&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 名和晃平展 http://www.nomart.co.jp/news/index.html http://images.goo

    音楽も季節とともに

    宇多田ヒカル のKEEP TRYIN’の音がいい、今日は一日中、頭の中で鳴り響いていた。 http://www.barks.jp/listen/?v=1&id=1000011443 今年はもう雪は終りみたい。春の匂いが感じられてきた。今年はなぜか三年前の中島美嘉の「雪の華」が冬のヘビーローテーションだった。

    津田直展

    今日は仁徳天皇陵近くの主水書房に津田直展を見に行ってきた。 http://www.art-yuran.jp/2006/01/post_58da.html http://www.recommend.ecnet.jp/20060115tsuda.html

    ドイツ写真の現在

    京都国立近代美術館へ ドイツ写真の現在展の出展作家、べアテ・グーチョウ(Beate Gutschow)さんの講演会に行ってきた。 ベッヒャーやグルスキー、ティルマンスの作品を見たのは今回が初めて。展覧会は作品がすこし少ないかなという感じ。多すぎても大変なんだけれど、少し寂しい感じがした。 http://www.momat.go

    謹賀新年

    あけましておめでとうございます。 今年はもっとランダムに気の向くまま風の吹くまま洋書をツマミ読みし、週末にはギャラリーをうろついて、仕事をしていこうと思います。 昨年関わっていたギャラリーが1月7日オープンします。アーティストの方々よろしければ展覧会等いかがでしょうか。 http://www.rs18.jp/ h

    横トリ→森美→原美

    土曜日は横浜トリエンナーレへ、日曜日は森美術館に杉本博司展、原美術館にオラファー・エリアソン展に行って、H&deMのプラダ青山を見てきました。オラファー・エリアソンのPhaidonの作品集P.57にmoss wall「苔の壁」という作品があり、プラダの苔の壁と行き帰りの電車内で読んでいた杉本博司の「苔のむすまで」

    日下部一司 展

    サードギャラリーアヤに日下部一司写真展『あちらこちら』 作家によるレクチャーに参加させていただく。 http://www.threeweb.ad.jp/~ayay/home.html お話の中で出てきた単語、ゲルハルト・リヒター、現代詩、「のようなもの」、「写真のようなもの」、マルセル・デュシャン「パリの空気」、「空間と距離」、イ

    雑メモ

    アフォーダンスの記述を読むとき、最近頭に浮かぶ作家はアーウィン・ワームだ。 Erwin Wurm http://images.google.co.jp/images?q=Erwin+Wurm&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 オラファー・エリアソン展 http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html olafur eliason http

    直島

    日帰りで直島へ行ってきた。 家プロジェクト、地中美術館、地中トーク(尾崎信一郎さんの講演)ベネッセハウス、シーサイドパークとまわった。 安藤忠雄氏の地中美術館の感想は、やり過ぎ、クドイという感じだった。 作品としてはタレルの地中美術館の「オープン・フィールド」南寺の「バックサイド・オブ・ザ・

    秋晴れにギャラリー巡り

    今日は毎日の日課である午前の洋書のツマミ読み(昨日届いた「sociopolis」)の後、柳々堂に行く、ひとしきり駄弁った後、ギャラリーを6件ハシゴ。 10W galleryの「横山こうじ写真展 ポップなポルノ2005」 ものすごくエロいー。 http://www.10w.jp/nowon2.html ナダール「役者やのォ!~関西人気劇団員、あの日の

    稲垣元則展

    ノマル・プロジェクトスペースに稲垣元則展 sequenceにおじゃまする。 http://www.nomart.co.jp/news/index.html 作家コメントより 制作のまっただ中にいると絵をつくること、写真をつくること、映像をつくること、 それらそれぞれの区別がつかなくなってしまうことがよくある。むしろ写真や映像 作品のほうが絵

    ゲルハルト・リヒター展

    金沢21世紀美術館で開催中のゲルハルト・リヒター展に行ってきました。 行きの電車の中で本を読んでいて、雨の日にリヒターのアブストラクト・ペインティングを見るというものいいんじゃないかなと思っていました。 SANNAのこの美術館は雨の日はなんていううんだろう、特筆すべきことはなかった。美術館はいい美

    草むらの名前

    サードギャラリーアヤに 写真展『The name of grassland / 草むらの名前-unknown islands where itadori grows。』を見に行く。 http://www.threeweb.ad.jp/~ayay/ イタドリを見つめながら、世界の見方を考えさせる作品だ。 建築も同じように世界の見方を考えさせることができるはずだと思っている。 すごく質の

    写真との距離

    サードギャラリーでの初心者写真講座が本日で終了しました。 少しはカメラと自分との距離が近くなった気がする。 しかし、写真集を結構買ってしまった(これからも買いそうな)ので金銭面で心配。 石内都さん(2005年ヴェネチア・ビエンナーレ出品作家)の「キズアト」今読んでいる。ウーン面白い本だ。写真を撮

    ファスナー→JOY→菊次郎とさき

    Mr.children、中島美嘉、BEGIN、矢井田瞳のアルバムレンタルしてきた。 Mr.children「ファスナー」より きっとウルトラマンのそれのように・・・ 僕の背中にはファスナーがついていて・・・ 僕の背中にもファスナーがついていて、僕はいろんな自分を人前で演じるんだ・・・。 (書込途中) YUKIのJOYはこの夏の当

    田中朝子展

    ノマル・プロジェクトスペースの田中朝子展オープニングにおじゃまする。 僕が好きな作品は、入口近くのキューブ状の空間の「OrangeFire」と今回から新たに増築されたアネックスに展示していたイチゴジャムを撮った作品だ。 他の作品も非常に透明感がありつつ、凛とした作品で空間を意識してつくられたテーブルと

    拘束のドローイング

    金沢21世紀美術館にマシュー・バーニーの「拘束のドローイング」展を見に行ってきた。 http://www.kanazawa21.jp/ja/index.html 「クレマスター」シリーズはまだ見たことないけれど、洋書の「クレマスター・サイクル」でバーニーの作品を以前から見ていて、色というかすごく透明感があるのに豪華で華やかでエロス

    お中元

    2年半前に設計したオーガニックカフェからお中元(豆乳プリン)をいただいた。 オーナーには今でもいろいろな人を紹介していただいたりお世話になっている。 お店も順調そうなのでホッとしている。 去年、設計監理した改築の住宅のお施主さんとも、今でもよく事務所1階の喫茶店で朝食時に会うのだが、喜んで住

    木村真由美展

    ノマルに木村真由美展のオープニングにおじゃまする。 「女性」を意識させる作品。また、僕にもある外国のTVの影響を意識させる作品。肌の質感と野菜や果物の質感の置換。 「女性」を意識させる作品について、シンディー・シャーマンばかりではない、一つの考える材料になりそうだ。 http://www.nomart.co.jp/new

    シュテファン・バルケンホール

    シュテファン・バルケンホール展を国立国際美術館に見に行ってきた。 すごくよかった。ニヤニヤしながら見ていた僕は、端から見ると変な人だったと思う。 作品が漂わせている空気がいい。なんとなく笑えてくる楽しい作品。粗削りの木彫だけれど服や肌の質感が手に取るように伝わってくる。顔と手のひらと足(靴)

    写真家の話

    今日はサードギャラリーでの写真初心者講座で写真家の上村 明子さんのお話を聞いた。 写真は絵画以上に絵画だなと感じた。 昼間の写真だけれど空を焼き込むと現実の風景とは別の世界が現れる。 モノクロ写真や、暗室でのプリントも一度やってみたくなった。 上村 明子さんの作品はリンク集より サードギャラリーH

    雨の日のBGM

    雨の日は 10ccの「I'm Not in Love」 Goo Goo Dollsの「Iris」 がよく合うな~。

    雑メモ

    自分の中で英語を読むことに捕らわれていたように思う。 ただ見ること、少しずつでも見ること。 読みたくなれば読めばいい。読みたくない日は眺めればいい。建築が面白くない日は、写真や現代アートの本に変えればいい。 自分のからだが欲するものに従えばいい。

    維新派

    去年の公演は、風邪ひきそうになりながら見ましたが、 (Tシャツ一枚で行くバカは僕です。) 今年の公演は、メキシコか~、ちょっと遠いな~。 ちょっとメキシコまで行ってきます!!っていうぐらいフットワークあればな~。 http://www.ishinha.com/index.php

    powerbookからの音

    ギャラリーヤマグチで作家さんに好き勝手、失礼な感想を口走った後に 赤レンガでのspeaker+spot=Channel. 1 -12K-に行ってきました。もともとテクノとか痛いミニマル音楽(ノイズとか)はあまり好きではなかったのですが、メロディが多少のっかっているのは聞きやすかったし、心地よかった。 早速、CD注文して

    べっひゃー?

    今日喫茶店で新聞読んでると面白いものが・・・早速検索。 住宅都市整理公団!!、面白いことやる人いるもんだ。 http://homepage2.nifty.com/danti/

    フェイク、ウィット、スケール

    ノマルのオープニングにおじゃまする。 フェイクとウィットとスケールのバランスについて、もやもや考える。 http://www.nomart.co.jp/news/index.html

    テラーニ予習

    テラーニの予習にINAXの本と建築文化を自分が面白そうだなと思うところから読む。 やはり、個人的には気になるダンテウムとカサ・デル・ファッショに関係する原稿から読んでいる。うーん、やっぱり面白い。 建築の作品としてはサンテリア幼稚園が好き。 関係ない話だが、最近買った洋書でJames Turrell、Michael

    今日、この頃

    柳々堂 http://www4.osk.3web.ne.jp/~ryuryudo/で「waht is oma」の翻訳本を購入。先日購入したセシル・バルモンドの「informal」翻訳本、ジャン・ヌーベル+ジャン・ボードリヤール「The singular objects of architecture」翻訳本と一緒にゆっくり読んでみよう。 最近「建築知識」もよく買うようになった。 営

    雑メモ3

    El croquisをツマミ読みする事と最新物理学(超ひも理論やM理論)、最新脳科学のツマミ読みの組み合わせは、僕の生活を楽しくするアンパンと牛乳の取り合わせかも・・・。 試してみよう。

    雑メモ 2

    昨日は、キリンプラザでの長島有里枝×後藤繁雄トークを聞きに行く。司会が下手。 記憶からの作品だが、感情は脳のどういう働きから出てくるのかいまだに不明らしい。 理性や感情はそうするとたんなる信仰なのか? 信じているから存在するのかもしれない。理性や感情は実は存在しないということをそもそも把握でき

    雑メモ1

    雑メモ:自分の為の本当のメモ (他人には意味をなさない。自分への連絡事項等、そのうち別のところで書き直しの上削除する予定) シザのスケッチ集とH&deMのスケッチ集を比べる。 一見スケッチはシザの方が上手いが、建築はどうか? ゲーリーのスケッチ集柳々堂で見たが紙質がきれいすぎる。上記2冊の方がザラ

    田舎で休日

    田舎で休日を過ごす。 ヒヨドリとツバメがうるさいほどないていて目覚まし時計がわりになる。 祖母が育てている花が庭に咲いている。 こんな光景が、croquisに取り上げられるような建築と同時に存在するような空間をつくりたいなあと相変わらず、ミーハーなこと考えていた。

    泥酔の戯言

    例えば、自分の意見(むしろ僕の場合は感覚という言葉で表現するしか浮かばないんだが)を言うときに、僕の場合は小心者のせいか前提とする言葉の定義を延々と話したあと、「僕には結局ワカラナイんです。」と言う風になってしまうらしい。(僕は本日、食事会に招待された揚げ句に酔いの醒めないまま自己分析にハ