CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • Peter Zumthor メモ73

    Peter Zumthor Thinking Architecture Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトール、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&lr=&client=firefox-a&channel=s&rls=org.mozilla%3Aja-JP-mac%3Aofficial&q=Peter+Zumthor&btnG=%E7%

    Peter Zumthor メモ72

    Architecture Dialogues Positions – Concepts – Visions Marc M. Angelil / Jorg Himmelreich (Editors) Verlag Niggli Peter Zumthor(ペーター・ツムトア、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=

    Peter Zumthor メモ71

    Architecture Dialogues Positions – Concepts – Visions Marc M. Angelil / Jorg Himmelreich (Editors) Verlag Niggli Peter Zumthor(ペーター・ツムトア、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=S

    Peter Zumthor メモ70

    Architecture Dialogues Positions – Concepts – Visions Marc M. Angelil / Jorg Himmelreich (Editors) Verlag Niggli Peter Zumthor(ペーター・ツムトア、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=S

    Peter Zumthor メモ69

    Peter Zumthor Atmospheres Architectural Environments・Surrounding Objects Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトア、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi Y

    Peter Zumthor メモ68

    Peter Zumthor Thinking Architecture Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトール、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&lr=&client=firefox-a&channel=s&rls=org.mozilla%3Aja-JP-mac%3Aofficial&q=Peter+Zumthor&btnG=%E7%9

    Peter Zumthor メモ67

    Peter Zumthor Atmospheres Architectural Environments・Surrounding Objects Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトール、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi

    Peter Zumthor メモ66

    Peter Zumthor Thinking Architecture Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトール、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&lr=&client=firefox-a&channel=s&rls=org.mozilla%3Aja-JP-mac%3Aofficial&q=Peter+Zumthor&btnG=%E7%9

    Peter Zumthor メモ65

    Peter Zumthor Atmospheres Architectural Environments・Surrounding Objects Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトール、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi

    Peter Zumthor メモ64

    Peter Zumthor Thinking Architecture Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトール、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&lr=&client=firefox-a&channel=s&rls=org.mozilla%3Aja-JP-mac%3Aofficial&q=Peter+Zumthor&btnG=%E7%9

    Peter Zumthor メモ63

    Peter Zumthor Atmospheres Architectural Environments・Surrounding Objects Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトール、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi

    Peter Zumthor メモ62

    Peter Zumthor Thinking Architecture Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトール、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&lr=&client=firefox-a&channel=s&rls=org.mozilla%3Aja-JP-mac%3Aofficial&q=Peter+Zumthor&btnG=%E7%9

    Peter Zumthor メモ61

    Peter Zumthor Atmospheres Architectural Environments・Surrounding Objects Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトール) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi YouTube(Peter Zumthor) http://jp.y

    Peter Zumthor メモ60

    Peter Zumthor Thinking Architecture Birkhauser Peter Zumthor(ペーター・ツムトール、日本ではピーター・ズントーが一般的) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi YouTube(Peter Zumthor) http://jp.you

    Peter Zumthor メモ59

    Peter Zumthor Atmospheres Architectural Environments・Surrounding Objects Birkhauser Peter Zumthor(ピーター・ズントー) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi YouTube(Peter Zumthor) http://jp.you

    Peter Zumthor メモ58

    Peter Zumthor Thinking Architecture Birkhauser Peter Zumthor(ピーター・ズントー) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi YouTube(Peter Zumthor) http://jp.youtube.com/results?search_query=Peter+Zu

    Peter Zumthor メモ57

    Peter Zumthor Thinking Architecture Birkhauser Peter Zumthor(ピーター・ズントー) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi YouTube(Peter Zumthor) http://jp.youtube.com/results?search_query=Peter+Zu

    Peter Zumthor メモ56

    Peter Zumthor Thinking Architecture Birkhauser Peter Zumthor(ピーター・ズントー) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi YouTube(Peter Zumthor) http://jp.youtube.com/results?search_query=Peter+Zu

    Peter Zumthor メモ55

    PETER ZUMTHOR WORKS Buildings and Projects 1979-1997 Photographs by Helene Binet Text by Peter Zumthor Lars Muller Publishers Peter Zumthor(ピーター・ズントー) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=

    Peter Zumthor メモ54

    PETER ZUMTHOR WORKS Buildings and Projects 1979-1997 Photographs by Helene Binet Text by Peter Zumthor Lars Muller Publishers Peter Zumthor(ピーター・ズントー) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Peter+Zumthor&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=

    Peter Zumthor メモ53

    PETER ZUMTHOR WORKS Buildings and Projects 1979-1997 Photographs by Helene Binet Text by Peter Zumthor Lars Muller Publishers P.7 Lightness and Pain 明るさと苦痛 私が建物を設計するプロセスの中で私に動機を与える美的な意図が何であるかを明らかにしようとする時、私は私の思考が、場所、マテリア

    Peter Zumthor メモ52

    Spirit of Nature Wood Architecture Award 2006 Peter Zumthor Peter Zumthor http://images.google.co.jp/images?q=Peter+Zumthor&svnum=10&um=1&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=Shift_JIS&inlang=ja&start=0&sa=N P.10 Body of Wood Thoronet Abbey http://images.google.co.jp/

    Peter Zumthor メモ51

    PETER ZUMTHOR THERME VALS P.104~108 断熱 (P.106~107は 施工平面図、P.108~109は 施工断面図) 大きな断熱スチール窓と構造ブロックが接する場所にはT型(L型)の断熱材が打ち込まれていて、これはヒートブリッジ防止としていれられた。

    Peter Zumthor メモ50

    PETER ZUMTHOR THERME VALS P.100 構造 P.101(P,110 断面詳細図) ヴァルスの複雑な石積み 両サイドに片麻岩がスタックされた壁の厚みは45センチで片麻岩は型枠となるためか、厚みがかなりあり(15センチ程度の厚み)コンクリートはその間の15センチ程度の隙間に流し込まれ片麻岩と一体となって壁を構成して

    Peter Zumthor メモ49

    PETER ZUMTHOR THERME VALS P.81~82 →ズントーがここでシークエンスについて説明しているが要約すると、まずホテルからスロープに従って建物の最も山側の控室に入る。そこで服を着替え、建物中央の空間を前面眼下にのぞむ石のギャラリーに出てくる。この石のギャラリーと下方への階段は建物の長辺方向に伸びてい

    Peter Zumthor メモ48

    PETER ZUMTHOR THERME VALS P.70 石やコンクリート、水でできた模型を実際室外において、室内へ落ちる日光によるatomosphere(雰囲気)を研究した。 P.80 フロアープランの発展:迷路 ブロックの形と配置を考えることは、いつも迷路のコースと形を考えることを意味していた。 →ズントーのサーマル・バスはミース

    Peter Zumthor メモ47

    PETER ZUMTHOR THERME VALS P.67 天井のスリットの幅は6センチ。 P.68 フロアーパターン(床割) 各々のブロックは、それぞれの天井スラブばかりでなくそれぞれの床スラブももっている。 (要約すると) 浴槽プールのオーバーフローの排水ドレインは階段最上段蹴込み部分に3センチのスリットを切って(石の厚み分

    Peter Zumthor メモ46

    PETER ZUMTHOR THERME VALS P.65 Piet Mondrian http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=Piet+Mondrian&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&sa=N&tab=wi ピエト・モンドリアン http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83

    Peter Zumthor メモ45

    PETER ZUMTHOR THERME VALS P.42 断面の発展:石のテーブルと洞穴 P.62 フロアープランの発展:幾何学 →この本の写真家Helene Binetだが、彼女はダニエル・リベスキンドやザハ・ハディドの作品集でも有名な写真家。(井戸) Helene Binet http://images.google.co.jp/images?q=Helene+Binet&hl=ja&lr=&am

    Peter Zumthor メモ44

    PETER ZUMTHOR THERME VALS P.38 ブロック・スタディー 採石場のスケッチ、後にブロック・スタディーと呼んだスケッチを私達はたくさん描いた。スケッチは建築の模型無しに探求する面白い形式であった。私は、このようなブロック・スタディーの基本を解き、自律的なドローイングに形態を与え、それらと対話しなが

    Peter Zumthor メモ43

    PETER ZUMTHOR THERME VALS P.25 dam of the Zervreila http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=dam+of+the+Zervreila&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 Albigna dam http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inla

    Peter Zumthor メモ42

    PETER ZUMTHOR THERME VALS THERME VALS http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=THERME+VALS+&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 P.23 最初のイメージ P.24 回想 geniss(片麻岩) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%87%E9%BA%BB

    Peter Zumthor メモ41

    Atmospheres P.67 2,首尾一貫性 P.69 建築は結局は我々の使用の為につくられる。そういう感覚では自由なアートではない。私は建築は応用芸術として最高の質を達成すると考えている。そして、ものがそれ自身となりそれらが首尾一貫したものとなるとき最も美しい。それは、すべてのものが他のすべてのものを参照

    Peter Zumthor メモ40

    Atmospheres P.63 今までの9つのPeter Zunthor Studioのアプローチに加えて、Peter Zumthorの個人的な3つのアプローチがある。 1、取り囲むもの(環境)としての建築 Peter Handke http://en.wikipedia.org/wiki/Peter_Handke P.65 人々の生活の一部であり、子供たちが育つ場所、おそらく建物の内の一つは25年後

    Peter Zumthor メモ39

    Atmospheres P.54 Villa Sarabhai http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&ie=UTF-8&oe=Shift_JIS&inlang=ja&sa=X&oi=spell&resnum=0&ct=result&cd=1&q=Villa+Sarabhai&spell=1 Le Corbusier http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&

    Peter Zumthor メモ38

    Atmospheres P.49 8.親密さのレベル P.50 Kunsthaus Bregenz http://www.kunsthaus-bregenz.at/ http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=Kunsthaus+Bregenz&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 P.51 私が意味しているのは、スケールやディメンションよりもよ

    Peter Zumthor メモ37

    Atmospheres P.45 7.内部と外部の対立(緊張) P.47 Alfred Hitchcock http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF P.48 Giorgio Morandi http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&

    Peter Zumthor メモ36

    Atmospheres P.38 →このズントーのスタジオに展示してあるオブジェクトは誰の作品なのだろう。見た目にはボイスの作品に見えるのだが・・・。(井戸) Joseph Beuys(ヨーゼフ・ボイス) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=Joseph+Beuys&btnG=%83C%83%81%81%

    Peter Zumthor メモ35

    Atmospheres P.35 Heinz Bienefeld(ドイツの建築家) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=Heinz+Bienefeld&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift_JIS&sa=N&tab=wi http://de.wikipedia.org/wiki/Heinz_Bienefeld P.39 ニーチェの「The

    Peter Zumthor メモ34

    Atmospheres P.31 あなた達が建物を作っていてその静けさの中でその建物を想像するとき、私はそれが美しい事だとわかった。私はその建物を静かな場所にしようとしていることを意味している。 あなた達は少しばかし足をのばして静かな部屋に行きそれら自身の静けさの中でプロポーションとマテリアル全てと共に作り

    Peter Zumthor メモ33

    Atmospheres P.27 材料のタイプと重量によるが、材料の間には批評的な(重大な)近接がある。あなたはひとつの建物に違った材料を併用することができ、各々の材料が作用するにはあまりにも離れていることがわかるある確かなポイントがあり、また各々の材料があまりにも近いために各々を殺してしまうポイントもま

    Peter Zumthor メモ32

    Atmospheres P.20 1,建築のボディー 建築を構成している物質的(材料的)な現前性であり、フレーム(構成)だ。これは私に肉体的な効果をもたらす。これは私にとって一種の解剖学である。 P.23 2,マテリアルの融和性(適合性) oak(オーク ドングリのなる木) http://images.google.co.jp/images?svnum=10&

    Peter Zumthor メモ31

    Atmospheres P.19 音楽の百科事典の中のある音楽評論家の一節を私は拡大し、私達のオフィスの壁に掛けている。私は言う「それが如何に私達が仕事に取り組むかということだ!。」その音楽評論家はある作曲家について書いていて、その作曲家の名前は推測の域をでないが、彼はこう記す「根本的な(急進的な)全音階

    Peter Zumthor メモ30

    Atmospheres P.12 →このページの写真をみていて思い浮かべたのはHenri Cartier-Bressonの写真。(井戸) Henri Cartier-Bresson http://images.google.co.jp/images?q=Henri+Cartier-Bresson&svnum=10&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=Shift_JIS&inlang=ja&start=0&sa=N http://artphoto-

    Peter Zumthor メモ29

    Peter Zumthor Atmospheres Architectural Environments・Surrounding Objects P.5 J.M.W. Turner http://en.wikipedia.org/wiki/J._M._W._Turner http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=J.M.W.+Turner&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift_JIS&am

    Peter Zumthor メモ28

    Thinking Architecture P.93 日没から日の出まで私達は私達自身がつくりあげた照明で自身をしつらえる。その光は私達の意志でつけることができる。このような光は日光と比較できない。それらはあまりにも弱く、そのちらつきの激しさはあまりにも息がつけない程で影を迅速にばらまく。 しかし、私はこのような光を

    Peter Zumthor メモ27

    Thinking Architecture P.90 谷崎潤一郎 In Praise of Shadows http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%B4%8E%E6%BD%A4%E4%B8%80%E9%83%8E P.91 最近、山へハイキングに行ったとき、道に沿って咲いている山岳植物の花の色が黄昏の後も少しばかり燃え立つように光り輝いていて、それはまるで花が光を蓄えてい

    Peter Zumthor メモ26

    Thinking Architecture P.89 風景の光 月の光 私は月の光の中で大地(地球)に事物を投影する影が僅かに分離を探しているのを創造する。 私は光の根源と大地(地球)へうつし出される事物との間の宇宙的な視点で理解するにはあまりにも小さくあまりにも近寄りすぎている。 私が光と影、月の光と影、太陽の光と影

    Peter Zumthor メモ25

    Thinking Architecture P.85 現実の魔法(魅力)それは私にとっては現実の物質を人間の感覚へ変換し、事物、建築空間の物質と形態が純粋に感情的に適切で同化されうる特別な瞬間を創りだす「錬金術」である。

    Peter Zumthor メモ24

    Thinking Architecture P.83 現実の魔法(魅力) P.84 私が広場の雰囲気についてこれらのコメントを書いていたとき、私は私が見た全てに完全に魅了されていた。 今私の注意を再読し、何が私の心を動かすのか考えてみた。 全てだ!全て 物事、人々、空気の質、光、騒音、音、色。テクスチャーや形ばかりでなく物

    Peter Zumthor メモ23

    Thinking Architecture P.79 →おそらく玄関だと思うが、ジャスパー・モリソンのsingle seat bench red(vitra社)が置いてある。(井戸) Jasper Morrison http://images.google.co.jp/images?q=Jasper+Morrison&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 P.80 Inger Christensen h

    Peter Zumthor メモ22

    Thinking Architecture P.72 Vicenza http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Vicenza&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&sa=N&tab=wi P.73 acasia http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=acasia&

    Peter Zumthor メモ21

    Thinking Architecture P.71 Charles Mingus http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja&sa=N&resnum=0&q=Charles+Mingus&spell=1&tab=wi Booker Erwin http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=Book

    Peter Zumthor メモ20

    Thinking Architecture P.62 メレット・オッペンハイムが使うテクニックは目を見張るほどさまざまだ。継続的な首尾一貫したスタイルがない。それにも関わらず、私は彼女の思考方法や世界の見方や、作品を通しての世界への介入の仕方を首尾一貫した統合されたものとして経験した。だからおそらく有名な「毛皮で覆

    Peter Zumthor メモ19

    Thinking Architecture →P.7~P.27の「A Way of Looking at Things」はa+uのピーター・ズントー特集号P.6~P.25に訳出されています。(井戸) P.58 Oscar Niemeyer http://en.wikipedia.org/wiki/Oscar_Niemeyer http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja&sa=N&resnum=0&

    Peter Zumthor メモ18

    Thinking Architecture P.56 直ぐに私は家のサイズの木の塊のイメージを持ち、それは木の生物学的な物質でつくられた密なボリュームで、水平に積み重ねられ正確にくりぬかれたものであった。その家はその形を膨らんだり縮んだりして変化する。そんな現象もデザインの必要不可欠な部分であるべきだ。 Peter Zumtho

    Peter Zumthor メモ17

    Thinking Architecture P.53 彼(アキ・カウリスマキ)は俳優を拘束したりしない。彼はコンセプトを表現する為に俳優を利用したりしない。むしろ彼らを光の元で示して私達に彼らの気品と秘密を感じさせようとする。 カウリスマキが映画をつくるように家を建てること、それが私がしたいことだったんだ。 Aki Kauri

    Peter Zumthor メモ16

    Thinking Architecture P.50 私達のクライアントは、もっと普通の構成要素や構築を望んでいる。彼らはもっと安っぽく建物を建てて欲しがっている。 しかし、建物が敷地で発する質の空気やそれに出くわす人々について考えるとき、唯一カウントできることは、最終的に構築されたものを私達が見ることであり、私はク

    Peter Zumthor メモ15

    Thinking Architecture P.48 カリフォルニアの学校を訪れたときのこと スイスの学校にあるような知識をひけらかすような洗練がない。この訪問は行くだけの価値があった。 P.49 18歳の家具の徒弟のころの最後に自分の為につくった家具(ベッド、カップボード)について ウォルナット(クルミ)でなくアッシュ(樫

    Peter Zumthor メモ14

    Thinking Architecture P.43,44 →ズントーが奥さんと泊まった山のホテル(設計者は画家)のディテールと雰囲気の事。(井戸) P.45,46 →ズントーが奥さんと訪れた暗い小屋を改装したレストランのディテールと雰囲気の事。(井戸)

    Peter Zumthor メモ13

    Thinking Architecture P.39 Graubunden http://images.google.co.jp/images?q=Graubunden&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 Jura mountains http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=Jura+mountains&btnG

    Peter Zumthor メモ12

    Thinking Architecture P.34 Wallace Stevens http://en.wikipedia.org/wiki/Wallace_Stevens P.36 Martin Heidegger(マルティン・ハイデッガー) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%AC%E3%83%BC http://en.wikipedia.org/wiki/Martin_Heidegger マルティン・ハイデッガーは彼の

    Peter Zumthor メモ11

    Thinking Architecture P.32 もし私がPeter Handkeを正確に理解しているならば、人工的な活動によってつくり出されたものの中の人為性を消し去りそれらを普通で自然な世界の一部にする困難というあまりに馴染みのある気付きばかりでなく、真実はそれら自身のものの中にあるという信念に私はここで直面していると

    Peter Zumthor メモ10

    Thinking Architecture P.32 スイスの同僚であるHerzog and de Meuronは、単一の全体としての建築はもはや現在存在しない。それ故に建築はデザイナーの頭の中で正確な思考の行為として人為的に創造されなければならないという。この2人の建築家はこの仮定から思考の形態としての建築の理論を導き出し、私が思うに

    Peter Zumthor メモ9

    Thinking Architecture P.31 John Cage(ジョン・ケージ) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8 http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=John+Cage&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&sa=N&tab=wi ジョン

    Peter Zumthor メモ8

    Thinking Architecture P.29 William Carlos Williams http://en.wikipedia.org/wiki/William_Carlos_Williams Peter Handke http://en.wikipedia.org/wiki/Peter_Handke ウィリアムの詩は表面上は非感情的で簡素に表現されている。それが彼の言葉がそのような強い感情的な衝撃を持つ理由である。 建物で感情を刺

    Peter Zumthor メモ7

    Thinking Architecture P.24 Ettore Scola(エットーレ・スコラ)の「Le Bal」(ル・バル)1983年Film http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD11086/index.html P.26 建築は生活にさらされる。もし建築の身体が十分に敏感であるならば、それは過去の生活の質の証拠を提示する質をおびることができる。 P.27 完成

    Peter Zumthor メモ6

    Thinking Architecture P.19 Per Kirkebyはかつてカッセルのドキュメンタの展覧会で家形のレンガの彫刻をつくった。その家はエントランスがなかった。その内部は入ることができず隠されていた。それは秘密を残し、彫刻の他の質に神秘的な深さのオーラを付け加えていた。私は家のその隠された構造と構築は、それら

    Peter Zumthor メモ5

    Thinking Architecture P.18 存在する状況との意味のある対話へと入っていける質を新しい建物が持つということは介入の質にとっては重要だ。というのも、その介入がその場所を発見することであれば、それは既に存在するものを新しい光の中で私達に見せるにちがいない。水の中に石を投げ込めば、砂は渦巻き、再び

    Peter Zumthor メモ4

    Thinking Architecture P.15 ボイスやメルツや他のアーティストは個々のパーツから全体を創り出す時、しばしば空間の中にルーズなセッティングつまり、巻く、包む、重ね合わせを使用した。 全体に対する私達の知覚は、本質的でないディテールによってかき乱されない。全ての手触り、全ての連結、全ての接合部は、

    Peter Zumthor メモ3

    Thinking Architecture P.12 しかし、音の世界はメロディーやハーモニーやリズムの反対のものも包み込む。現代音楽はこのような要素(不協和音やブロークンリズムや音の塊や機能的な純音)とともに作用する。現代建築はちょうど現代音楽のようにラディカルであるべきだ。しかし、限界がある。 建築はそれ自身の領

    Peter Zumthor メモ2

    Peter Zumthor Thinking Architecture P.9 バッハの音楽について最も印象深いものの一つはその「建築」であると言える。その構造は明確で透明である。全体(その全体はディテールの感覚をつくりだす)としてのコンポジションのフィーリングを失うことなしにメロディーのハーモニーのリズムの要素を追及することが

    Peter Zumthor メモ1

    Peter Zumthor(ピーター・ズントー) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja&sa=N&resnum=0&ct=result&cd=1&q=Peter+Zumthor&spell=1&tab=wi Peter Zumthor Thinking Architecture P.7 ものの見方 P.8 幼いころのキッチンやガーデンの匂いや材質やド

    いつになれば再販されるの?

    昨日から「PETER ZUMTHOR WORKS」出版社:LARS MULLER PUBLISHERSを眺めている。6年前に大島さんから「初版の最後だから、今買っとかないとなくなるよ。」と言われ無理をして買った本だ。今では出版社もBirkhauserにかわり、しかも絶版だ。(ネットでは28万円もするサイトもある。)当時はピーター・ズントーっ