CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • Larry Bell メモ1

    Zones of Experience The Art of Larry Bell Univ of New Mexico Pr Larry Bell(ラリー・ベル) http://www.google.co.jp/images?q=Larry+Bell&hl=ja&prmd=ivns&source=lnms&tbs=isch:1&ei=S3aBTb2BIs3QcdGbvZQD&sa=X&oi=mode_link&ct=mode&cd=2&ved=0CBcQ_AUoAQ&

    El Lissitzky メモ1

    Art in Theory 1900-2000 An Anthology of Changing Ideas Edited by Charles Harrison and Paul Wood Blackwell Publishing El Lissitzky(エル・リシツキー) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%84%E3%82%AD%E3%83%BC http://en.wikipedia.org/wiki/El_Lissi

    Antony Gormley メモ1

    Antony Gormley Blind Light Hayward Publishing Antony Gormley Blind Light http://www.southbankcentre.co.uk/gormley/ Antony Gormley(アントニー・ゴームリー) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=UTF-8&q=Antony+Gormley&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&am

    Sarah Sze メモ1

    SARAH SZE Introduction by Arthur C. Danto Essey By Linda Norden ABRAMS,NEW YORK →「アートワールド」のアーサー・C・ダントーが序文を書いている。(井戸) Arthur C. Danto(アーサー・C・ダントー) http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C0%A5%F3%A5%C8%A1%BC Sarah Sze(サラ・ジー) http://images.goog

    Uta Barth メモ 1

    Uta Barth(ウタ・バース) http://artphoto-site.com/b_347.html http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Uta+Barth&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift_JIS&sa=N&tab=wi http://www.artnet.com/artist/2035/uta-barth.html

    Andreas Gefeller

    Andreas Gefeller http://www.andreasgefeller.com/home.html http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Andreas+Gefeller&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&sa=N&tab=wi SUPERVISIONS 真上から見下ろした写真の作品集。建物の床を真上から撮影した写真を繋げて平面

    frank van der salm

    frank van der salm http://www.frankvandersalm.com/ http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=frank+van+der+salm&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 frank van der salm

    Frank Darius

    Frank Darius http://www.artagents.de/cgi-bin/art/art.pl?a=view&obj=kuenstler&id=fran_dari Frank Darius Tunichtgut 最近忙しくて洋書読みの時間がとれません。しかしストレスがたまる一方なので、写真集やEl croquisを眺める時間を少しでもとることにしました。(井戸)

    Petra Blaisse

    ペトラ・ブレーゼについて、柳々堂の女将から教えてもらったHPから、本を注文したのだが、僕の英語が拙いのか?相手が日本の個人に対してとりあってくれないのか? とにかく1週間返答なし。 確かGA Housesにインタビュー記事が載っていたようだが、如何せん日本の雑誌は殆ど買わないのでまだ読んでません。 http

    フェリックス・シュテファン・フーバー

    雑誌は新聞と同じで別に真実を伝えるわけでもなく、深い内容があるわけではないが、キッカケや入口を提供してくれる貴重な媒体だ。 以前エスクァイア「アーティストも建築が好き!」でも取り上げられていた。Felix Stephan Huberのサイト面白い。 ゲームの世界が不気味なのは、僕らの世代では肌で感じていた感覚だ

    建築する身体

    京都造形芸大に荒川修作さんのレクチャーを聞きに行く。 以前、同大学の小野さんにお誘いいただいたからですが、面白かった。 荒川さんの「建築する身体」にも出てくる言葉だが、オートポイエーシス、アフォーダンスの話だったと思う。(アフォーダンスについては最近調べていたのでなんとなくわかるんだけど、オ

    basedesign

    basebook1とbasebook2を買った。 ベルギー、ニューヨーク、バルセロナで活躍するデザイングループ?の本 かっこいい。 Actar Publishersの「less is more」も彼らの編集である。 http://www.basedesign.com/ basebook2 less is more

    Stephane Couturier

    いくつか写真集を買ったのでその中から、Stephane Couturierの作品集を眺める。 この作家の写真やばい。かっこよすぎる。 コラージュなんだろうか。 本当にこのような風景があるのだろうか。 都市が幾つものレイヤーの重なりに見える。 それが奥行きのない画面に圧縮されたかのようだ。 コーリン・ロウの虚の透明

    Dia:Beacon

    Dia:Beaconという本が届いた。 2003年に、ニューヨークから1時間程のところにナビスコの箱の印刷工場をロバート・アーウィンが改装したDia Art Foundationの巨大な展示空間らしい。 僕の大好きな作家の作品ばかりある。 行ってみたい。 http://www.diabeacon.org/bindex.html http://www.nynarts.com/galleries/

    ベッヒャーからガーリーまで

    ベッヒャー派の写真集をここ数年で買い漁っている。 理解したい、つまり、解釈したいという悪癖が出てくる。 何度も写真集をめくることをすれども、やはり、批評家の解説から作品に近づいていくのが僕の常である。そして納得と違和感を感じながらまた写真集にもどる。 ソンタグの反解釈とは反対の行動である。 批

    Tony Smith

    Tony Smith: Architect, Painter, Sculptor トニー・スミスといえばミニマリズムの作家でオブジェクト中心かと思っていたら、バックミンスター・フラーやライトの六角形のモジュールの影響を受けたような住宅やマルセル・ブロイヤーを連想させる住宅も設計しているし、モンドリアンよりも建築的なペインティング

    スーザン・ソンタグ メモ1

    「反解釈」の反解釈を役所への電車の中で読む。 「いま重要なのはわれわれの感覚を取り戻すことだ。われわれはもっと多くを見、もっと多くを聞き、もっと多くを感じるようにならなければならない。・・・・ 批評の機能は、作品がいかにしてそのものであるかを、いや作品がまさにそのものであることを、明らかにす