CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • UN Studio メモ3

    UN Studio – Move: 3 Volume Set: Imagination/Techniques/Effects Goose Press, Netherlands UN studio http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&source=hp&q=UN%20studio&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&

    UN Studio メモ2

    UN Studio – Move: 3 Volume Set: Imagination/Techniques/Effects Goose Press, Netherlands UN studio http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&source=hp&q=UN%20studio&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&a

    Sol Madridejos & Juan Carlos Sancho Osinaga メモ4

    El croquis 106/107(El croquis IN PROGRESS 1999-2002) Sol Madridejos & Juan Carlos Sancho Osinaga http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&q=Sol%20Madridejos%20%26%20Juan%20Carlos%20Sancho%20Osinaga&lr=&

    Cecil Balmond メモ4

    Frontiers of Architecture 1 Cecil Balmond Louisiana Museum of Modern Cecil Balmond(セシル・バルモンド) http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&q=Cecil%20Balmond&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=w

    UN Studio メモ1

    UN Studio – Move: 3 Volume Set: Imagination/Techniques/Effects Goose Press, Netherlands UN studio http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&source=hp&q=UN%20studio&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&a

    Sol Madridejos & Juan Carlos Sancho Osinaga メモ3

    El croquis 106/107(El croquis IN PROGRESS 1999-2002) Sol Madridejos & Juan Carlos Sancho Osinaga http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&q=Sol%20Madridejos%20%26%20Juan%20Carlos%20Sancho%20Osinaga&lr=&a

    Cecil Balmond メモ3

    Frontiers of Architecture 1 Cecil Balmond Louisiana Museum of Modern Cecil Balmond(セシル・バルモンド) http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&q=Cecil%20Balmond&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi

    Sol Madridejos & Juan Carlos Sancho Osinaga メモ2

    El croquis 106/107(El croquis IN PROGRESS 1999-2002) Sol Madridejos & Juan Carlos Sancho Osinaga http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&q=Sol%20Madridejos%20%26%20Juan%20Carlos%20Sancho%20Osinaga&lr=&a

    Cecil Balmond メモ2

    Frontiers of Architecture 1 Cecil Balmond Louisiana Museum of Modern Cecil Balmond(セシル・バルモンド) http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&q=Cecil%20Balmond&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi

    Sol Madridejos & Juan Carlos Sancho Osinaga メモ1

    El croquis 106/107(El croquis IN PROGRESS 1999-2002) Sol Madridejos & Juan Carlos Sancho Osinaga http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&q=Sol%20Madridejos%20%26%20Juan%20Carlos%20Sancho%20Osinaga&lr=&a

    Cecil Balmond メモ1

    Frontiers of Architecture 1 Cecil Balmond Louisiana Museum of Modern Cecil Balmond(セシル・バルモンド) http://images.google.co.jp/images?client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&channel=s&hl=ja&q=Cecil%20Balmond&lr=&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wi

    Peripheriques メモ1

    Your House Now 36 Propositions For A Home P.210~P.221 MR HOUSE Marin-Trottin(Paris) P.212 面積 延べ面積128.6㎡ 敷地面積1840㎡ コスト 躯体 36,600 Euros(\4,282,000.-) 構造スチールワーク 22,900 Euros(\2,679,300.-) 屋根/防水 25,700 Euros(\3,006,900.-) 外部大工工事+鉄工作 24,

    Luis Barragan メモ 1

    luis barragan rene burri P.6  聖域 P.7 村のでしゃばらない建築や私の田舎の田舎じみた町から学ぶレッスンはインスピレーションの不変の源泉であることだ。 P.10 完全な庭 ー その大きさに関係なく ー 囲われるべきだ。完全な宇宙として。 P.13 ノスタルジアは私達の個人的な過去の私的な気付きである。

    David Ajaye メモ2

    David Ajaye Making Public Building P.6 Olafur Eliasson http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=Olafur+Eliasson&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 Chris Ofili http://images.google.co.jp/images?q=Chris+Ofili&ie=Shift_JIS&hl=ja&b

    El croquis スペイン特集メモ1

    El croquis 106/107 P.194,195 John Cage http://images.google.co.jp/images?q=John+Cage&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 Jorge Oteiza http://images.google.co.jp/images?q=Jorge+Oteiza&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 Eduar

    Adolf Krischanitz メモ1

    アドルフ・クリシャニッツのNeue Welt Schoolでは、カラーとマテリアルのコンセプトでヘルムート・フェデーレとコラボレーションしている。クリシャニッツは他にカラーではOskar PutzやWerner Neuwirthなどアーティストとよくコラボレーションしている。(井戸) Neue Welt School http://www.krischanitz.at/e4O

    David Ajaye メモ1

    「David Ajaye Houses」デヴィッド=アジャイの住宅 http://www.adjaye.com/ P,30 Sue Webster and Tim Noble http://images.google.co.jp/images?q=Sue+Webster+and+Tim+Noble&svnum=10&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&inlang=ja&start=0&sa=N

    Daivid Chipperfield メモ1

    デイヴィッド・チッパーフィールドが携わったアンソニー・ゴームリーのアトリエは好きです。ゴームリー自体も好きなんですが・・・。 何がいいかというと、やり過ぎていないところでしょうか。それでいてキッチリ質をつくっている。 やり方として青木淳さんのように自分の外部を体験するために(形式の外部へ向か

    Wiel Arets メモ1

    ウィール・アレッツのHedge House Art Galleryは今一番行って見てみたい建物だ。 ランドスケープも雰囲気がいい。 ネットや雑誌での写真家は違うんだろうが、一様に同じような雰囲気を出している写真が多い。おそらく建物や周辺(光)が持っている雰囲気がそうなんだろう。だからあえて違う面をだす写真を撮ろう

    Toyo Ito メモ1

    Forum for music,dance and visual culture in ghent ポーラスをつくりだす模型による手のアクション、つまり神の手(建築家?)によって形作るという手法は、コルビジュエの住戸の挿入写真から始まり、コールハースの紙を切って折りたたむとう写真を経て、網タイツを引っ張るというところまでやって来た。正の空

    テラーニ メモ1

    カサ・デル・ファッショとアイゼンマンの住宅1号と比べてみる。 おそらくテラーニは建築を言語として、またその言語の生成構造としてみていなかった。 だから、空間(ヴォリュームとしての)はまだ存在しているが、アイゼンマン(コーリン・ロウ)が後に読み解く言語としての建築への「兆し」があり、その「兆し

    Steven Holl メモ2

    Nelson Atkins Museum of art expansion Hollの美術館の内部構成は基本的には細長い短冊状の空間に間仕切りを立て回遊するようししたプランが多いのだが、この美術館の構成は、初期の住宅Stretto Houseと構成上近い。庭に対して敷地境界に箱状のmassを置き、その箱を繋ぐ形で柔らかな形状の屋根がかけられる。こ

    Steven Hollメモ1

    先日、友人のおかげで安藤忠雄設計のガラスブロックの住宅におじゃまさせていただいた。その御主人は現代アーティストなのだが、その方との話のなかで「建築はランドアート」というフレーズが残っている。 「ILe SEGUIN」 まさにパリの中洲の形状の半分を折畳み5つの投げ出されたヴォイトで穿たれる。 Walter de

    インテグレート

    今日は池田昌弘氏の「小住宅の構造」を岸和田への往復の電車の中で読み終える。 池田さんには独立前に担当した名古屋の住宅を見ていただいた時にお会いしただけだが、昔のロッカー(パンクではない)みたいな風貌(黒髪混じりの金髪の長髪を後ろに束ね、たしかジーパンをはいていたかな)で、一言「構造は普通だ

    Guiseppe Terragni メモ2

    テラーニの本について問い合わせが数件ありましたので、 僕の持っている本の中で掲載されているものを挙げてみます。 以前に書きましたが洋書では 「Guiseppe Terragni: Transformation, Decompositions, Critiques」 「テラーニ/トランスフォーメーション」出版社:The Monacelli Press 日本のamazonでは絶版で

    光の水彩画

    STEVEN HOLLの「WRITTEN IN WATER」を3日前から眺めている。 ホールについて1冊あげるとすれば迷わずこの本を挙げる。 この本は370ページに渡りひたすら水彩スケッチが集められている。 すごくイマジネーションを刺激する本だ。 建築を構想するということについて最近考えが一周してしまったのだが、(僕自身開

    理屈をつけない建築

    青木さんの本を読みながら妹島さんに対する日埜さんの評論を思い出す。 http://hino.nu/acritic/text/013.html 形態への根拠の必要性がないままの状態でいること。 形態に根拠を求めるのは案外容易い。 というか、なにがしか根拠を求めるというのは、近代的思考方法ではないか? 別にそれは機能でもいいし、文化

    M氏インタヴューを読む

    『建築文化』2004年08月号(No.672)の丸山洋志インタビューを読む。 昔大島さんに何故丸山さんって作品が若いんですかねって聞いたことがあったけど。 丸山さんってチュミ、妹島さん、コールハース、リベスキンドをそんなふうにもとらえてたんだなあ。 しかし、まだ入手できていない「建築的反省」では妹島さんや

    メモ

    テラーニのダンテウムという本が届く。 小さい本。 zumtorのサーマル・バスの天井のスカイライトとダンテウムの天井 またはジェームス・タレルの空の切り取り方を連想する。 croquisのrem koolhaasを10ページ程ながめる。 koolhaasはパリ図書館でのエスキスについてSMLXLで日記風に劇的な変更があったとかいてい

    Guiseppe Terragni メモ1

    ザハのcroquisもまだ半分ぐらいなのに今日はテラーニの本をブラブラと眺める。テラーニの本といえばelectaから2冊程コンプリート・ワークスが出ていたがイタリア語でかつ既に絶版という感じだった。しかし今手に入る本としては以下の2冊が代表格というところだろう。 Guiseppe Terragni: Transformation, Decom

    respect Mies

    ザハもリベスキンドもミースの延長上でやっているなというのは、濱田さんの指摘を聞くまでもなく、クロッキーの小さなスケッチやドローイングを追いかけていると誰でも気付いていた事ではないだろうか。大島さんにはよくリベスキンドやザハ、H&deM、コールハース、アレッツ、コープヒンメルブラウ、ヌーベル、ア