CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • OMA/Rem Koolhaas メモ22

    El croquis 79 P.24 Surrealism http://images.google.co.jp/images?q=Surrealism&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 Rem Koolhaas conversations with students レム・コールハース:学生との対談 P.11 1991年1月21日のライス大学での講義 P.12 このパリの住宅(ヴィラ・

    OMA/Rem Koolhaas メモ21

    El croquis 79 P.23 そして、私は、ビッグネスは断片化や混沌の強迫観念を乗り越えるのにも役に立つと考えている。 おそらくこのようなモノリシックな形体は、明らかに私達を脅し、よりオーセンティック(典型的)で、コンテキストにスペシフィックな態度よりも、かつてつくりだされた最も正確な断片化よりも違う

    OMA/Rem Koolhaas メモ20

    El croquis 79 P.22 日本において伝統的なモチーフを持とうする必要性は、西洋においての必要性も同じだが、例えそれが洗練されたネオモダニストのサークル内であろうと、過去の占有物の反響する痕跡を増幅し、つくり出すために、典拠になるものとして過去の構築物を読むことの無力さを示す。それらは必要と思わ

    OMA/Rem Koolhaas メモ18

    El croquis 79 P.18 ヨーロッパでピロティーの上に空間を持ち上げたらヴォイドができるが、シンガポールでは大地から持ち上げられた如何なるものもパブリックな生活の形態、一種の「中国的」群衆の侵略にすぐに満たされてしまう。 P.19 この美しさ(コルビジュエ風の集合住宅に露天商が共存している態)はすべて

    OMA/Rem Koolhaas メモ17

    El croquis 79 P.17 →コールハースはジェネリックという言葉をよく使うが、ここでスペシフィックという言葉が出てきたので検索してみると、(当然ジャッドのスペシフィック・オブジェクトが出てくるのだが・・・) スペシフィック http://www.dnp.co.jp/artscape/reference/artwords/k_t/specific_object.html ジ

    OMA/Rem Koolhaas メモ16

    El croquis 79 P.14 メタボリズム Metabolism http://www.dnp.co.jp/museum/nmp/artscape/artwords/k_t/metabolism.html ポストモダニズム Post-Modernism http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%80%E3%83%8B%E3%82%BA%E3%83%A0 http://www.dnp.co.jp/artscape/reference/a

    OMA/Rem Koolhaas メモ15

    El croquis 79 P.10, P.11, P.12 ヨーロッパの政治的経済的理由から、事務所の再構成を90年代に入りOMAは迫られた。 レムは独立した建築家という事務所の運営に疑問を持ち、アジア特に日本のシステム(建築家と構造家とゼネコンの関係?)がもう一つの選択肢だと考える。そこで、セシル・バルモンドのArupと経営

    OMA/Rem Koolhaas メモ14

    El croquis 79 El croquis 79 P.9 ザエラ・ポロによるレム・コールハースへのインタヴューの第2段 (おそらく1996年、今からほぼ10年前) 結局レムの経歴は、おそらく唯一可能な「自由」は「構造」の中に拡散することと、「本質的」よりも「結果として起こる」基盤に影響を及ぼす突然変異的実践を発展させるこ