CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • OMA/Rem Koolhaas メモ99

    El croquis 53 oma/rem koolhaas 1987-1993(El croquis 53+79 oma/rem koolhaas 1987-1998) Rem Koolhaas(レム・コールハース) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=Rem+Koolhaas&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi You Tube(Rem Koolhaas

    OMA/Rem Kooalhaas メモ88

    El croquis 53 oma/rem koolhaas 1987-1993(El croquis 53+79 oma/rem koolhaas 1987-1998) Rem Koolhaas(レム・コールハース) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=Rem+Koolhaas&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi You Tube(Rem Koolhaas

    OMA/Rem Koolhaas メモ77

    El croquis 53 oma/rem koolhaas 1987-1993(El croquis 53+79 oma/rem koolhaas 1987-1998) Rem Koolhaas(レム・コールハース) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=Rem+Koolhaas&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi You Tube(Rem Koolhaas

    OMA/Rem Koolhaas メモ69

    El croquis 53 oma/rem koolhaas 1987-1993(El croquis 53+79 oma/rem koolhaas 1987-1998) Rem Koolhaas(レム・コールハース) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=Rem+Koolhaas&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi You Tube(Rem Koolhaas

    OMA/Rem Koolhaas メモ27

    Rem Koolhaas conversations with students P.29 エレベーターシャフトが巨大な空間に独立して立ち、電気的サインが個々のエレベーターの行き先を示す。その文字は上昇し建物が文字によって支えられて浮いているかのように見える。 →Jenny Holzerを連想させる。(井戸) El croquis53 P.70 床はガラスでできてい

    OMA/Rem Koolhaas メモ13

    El croquis 53 P28 私達はカオスを統合する必要はない。カオスは天候のようなものであり、統合はすでに与えられているのである。 P.29 アメリカの建築や「錯乱のニューヨーク」の中で述べているある種のartificiality(人為的なこと、わざとらしさ)は最終的には、建築の伝統的なコンポジションに基づいた解釈全

    OMA/Rem Koolhaas メモ12

    El croquis 53 P27 日本での会議の時、日本の建築家は多かれ少なかれカオス的作品をしていた。 しかし、マイケル・グレイブスの作品がカオスの厳格な定義が適用されうる唯一のものであると突然私にははっきりわかった。 Michael Graves http://images.google.co.jp/images?q=Michael+Graves&ie=Shift_JIS&

    OMA/Rem Koolhaas メモ11

    El croquis 53 P24 一種の判断前の段階の活用は、私にとっては無意識的決定と意識的決定の混合である。 P25 オーダーからの自由 →ここのOrderは(建築家の)一般的傾向ととりあえず訳してみる。(井戸) 私は長年シュールリアリズムに興味を抱いてきた。しかしそれは、その潜在意識の活用やその美意識よりもその

    OMA/Rem Koolhaas メモ10

    El croquis53 (P22) 私を魅了したもう一つのことは、都市の論証よりも私の本の実際的なコンテンツになったものだが、新しい状況を取り扱うに際して(建築家としての)専門的職業が如何に変わってきたか、変わるべきかということである。 イデオロギーからの自由 (P23) もしあなたがそれを自己満足的な態度という

    OMA/Rem Koolhaas メモ9

    El croquis53 P20~を読んでのメモ Models(模範、スタイル)からの自由 例えば図書館では・・・私達はいくつかのポイントを理解した、白状すれば、アーバニズムの全体的な問題は時代遅れな問題点となっていた。それでその「勇気のある」結果として、私達は如何なる都市の要求も捨て去った。そこに「置いただけ」

    OMA/Rem Koolhaas メモ8

    Coop Himmelblau http://images.google.co.jp/images?q=Coop+Himmelblau&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 私達の意図は、現在のシステムのガラクタを全部、私達の利益に如何に変えていくかということに統合される。一種の民主的なミダス王(手に触れたものすべて金にかえ

    OMA/Rem Koolhaas メモ7

    80年代初頭私は、複製がきわめて重要であり、必要なものだけを発明(創作)すべきだと考えていた。しかし、後に私はより発明(創作)に興味をいだくようになった。私はいつも衝撃をあたえ刺激をあたえることに興味をもっている。 →ここでの複製は、美術的にはパロディーあるいはアプロプリエーション(盗用)とい

    OMA/Rem Koolhaas メモ6

    私たちのプロジェクトには全体を覆うオーダーは無い。しかし、同時に私は、混沌であるに違いないという定義によって特に日本人が建築を提案するような現代の広く広まった風潮の支配的な結論とは意見が一致しない。

    OMA/Rem Koolhaas メモ5

    Cecil Balmond http://images.google.co.jp/images?q=Cecil+Balmond&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 パリ図書館やカールスルーエの建物からセシル・バルモンドと協働している。(井戸) Madelon Vriesendorp http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&i

    OMA/Rem Koolhaas メモ4

    一方、私たちのカールスルーエの建物では明らかにディテールに頼っている。詳細の探求無しでは悪夢になっただろう。一方ではラフさと有用性をその建物が持たなければならないが、他方では説明のできない洗練と神秘の領域も持たなければならない。こういった感覚から、全てのプロセスの現実化の中での不安はあるが

    OMA/Rem Koolhaas メモ3

    孤独への無知な熱狂と戦うために、私はデザインにおいて他の人々を巻き込むことにより興味を抱くようになった。 そのやり方が、パリ図書館のコンペとカールスルーエの建物のコンペで一種の爆発を生み出した。 私は今でも、他の建築家と協働することを通してこの「孤独」に抵抗することに興味をいだいている。 Han

    OMA/Rem Koolhaas メモ2

    EL qroquis53 下記はEL qroquis53のAlejandro ZaeraによるRem Koolhaasへのインタビュー(ロッテルダムーロンドンーニューヨーク 1991年)を読みながらのメモ Rem Koolhaas http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=Rem+Koolhaas&btnG=Google+