CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • Herzog & de Meuron メモ102

    El croquis129/130 P.277 ALLIANZ ARENA http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=ALLIANZ+ARENA&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&sa=N&tab=wi diamond-shaped ETFE cushion http://www.agc.co.jp/news/2004/0122.html http://www.fluon.jp/fluon/products/etfe/ind

    Herzog & de Meuron メモ101

    El croquis129/130 P.236~271 Forum 2004 Building and Plaza http://images.google.co.jp/images?q=HERZOG+%26+DE+MEURON++Forum+2004+&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2&nojs=1 →Forum 2004 Building and Plazaの外観を見ていると、イヴ・ク

    Herzog & de Meuron メモ100

    El croquis129/130 P.210 →Prada Aoyama EpicenterもNational Stadium Beijingもコンスタンティン・グルチッチのChair Oneやosoromと同じ構成原理のように見えてる。 Prada Aoyama Epicenter内部のイメージは、明らかにバーニーの「クレマスター」シリーズや「拘束のドローイング9」のようなイメージなのだが、さ

    Herzog & de Meuron メモ99

    →リヒターの作品集「Gerhard Richter: Forty Years of Painting」の中で「Abstract Painting」(抽象絵画)ではなく「Abstract Picture」(抽象映像)と題している。リヒターはインタヴューでも答えているとおり、映像と絵画と写真について明確に意識して作品を制作している。(井戸) Gerhard Richter: Forty Ye

    Herzog & de Meuron メモ98

    El croquis129/130 P.74 Laban Dance Centre http://images.google.co.jp/images?nojs=1&svnum=10&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja&sa=X&oi=spell&resnum=0&ct=result&cd=1&q=Laban+Dance+Centre&spell=1 →カラーポリカーボネートの外観はゲルハルト・リヒターの一連の「A

    Herzog & de Meuron メモ97

    El croquis129/130 P.132 Katharina Fritsch http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=Katharina+Fritsch&btnG=Google+%E8%AE%80%E6%87%83%EF%BD%B4%EF%BD%A2&lr=&sa=N&tab=wi&nojs=1 http://de.wikipedia.org/wiki/Katharina_Fritsch Robert Gober h

    Herzog & de Meuron メモ96

    El croquis129/130 P.376 Ai Weiwei(艾未未 アイ・ウェイウェイ) http://images.google.co.jp/images?q=Ai+Weiwei&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E6%A4%9C%E7%B4%A2&nojs=1 http://www.tnprobe.com/contents/other/weiwei.html

    Herzog & de Meuron メモ95

    El croquis129/130 P.40 J.H.:アド・ラインハートは彼の人生の中で最も黒い黒を探していた。彼の探求の中で私を興奮させるもの、つまり、アートについて私を魅了するものは、フィジカルな(自然の、物質的な、身体の)次元を脱する視野を創り出す極度にフィジカルな(自然の、物質的な、身体の)作品の質である

    Herzog & de Meuron メモ94

    El croquis129/130 P.38 Walker Art Center http://www.walkerart.org/index.wac http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Walker+Art+Center&btnG=Google+%E8%AE%80%E6%87%83%EF%BD%B4%EF%BD%A2&lr=&sa=N&tab=wi&nojs=1 Edward Larrabee Barnes http://images.goog

    Herzog & de Meuron メモ93

    El croquis129/130 P.37 J-F.C.:パラドックスは論理であるが、Ambiguity(曖昧さ)は詩を定める。Ambiguity(曖昧さ)の他の利点は、心理学的に、両面価値(好きー嫌い、反対の感情など)にまさに接近しているということである。第二に、Ambiguity(曖昧さ)は、効率性が、コミュニケーションあるいは大衆の基準

    Herzog & de Meuron メモ92

    El croquis129/130 P.36 →ambiguity(曖昧さ、両義性)について J.H.:そんなのレシピみたいに説明できるものであると思わない。 Basel Signal Boxes http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&nojs=1&q=Basel+Signal+Box&btnG=Google+%8C%9F%8D

    Herzog & de Meuron メモ91

    El croquis129/130 P.35 J-F.C.:ロースはオーナメントや神聖なものと自然(本性)の間の関係を回復したかった。 J.H.:原則的には賛成だが、もしあなたがドイツの崇高性によってそれを解釈するのであれば、あなたはハイデガーやバーネット・ニューマンと同類ということになる。それは私達に興味を抱かせる次元の

    Herzog & de Meuron メモ90

    El croquis129/130 P.34 J.H.:マティスにおいて私達が魅了されることは、彼がオーナメントを使用していた方法であり、それは彼にパースペクティブとシェイプを壊すことを可能にし、私達はそれを建築に置き換えようと決心した。トーマス・ルフがエヴァースヴェルデの図書館のファサードに適用するよう選んだ写真は

    Herzog & de Meuron メモ89

    El croquis129/130 P.33 [The Hidden Geometry of Nature]「隠れた自然の幾何学」(1988年) →Herzog & de Meuron 1978-1988 The Complete Works,Volume1 P.207~P.211、「素材の美学」エルウィン・ビライ著 P.128~P.159参照。 P.34 Karl Blossfeldt(カール・ブロスフェルド) http://images.google.co.jp

    Herzog & de Meuron メモ88

    El croquis129/130 P.33 J.H:装飾と構造が一つのものになったとき、奇妙にも結果は新しい自由の感覚となる。突然、このことや装飾的なディテール(それは構造や空間である)について説明したり弁明したりする必要がなくなる。事実、私は構造や装飾や空間などに特別に興味があるわけではない。このような要素が一

    Herzog & de Meuron メモ87

    El croquis129/130 P.30 J.H.:フォームの魅惑はとても重要だ。それは全ての感覚を魅了し、知覚をより激しくする。それがイコニックな(偶像的な、伝統的様式的な)建物が、アルド・ロッシによって記述されたモニュメンタルな「永続性」をいかにして獲得するかということである。 Aldo Rossi(アルド・ロッシ) h

    Herzog & de Meuron メモ86

    El croquis129/130 P.29 J.H.:Dieter Koepplinはボイスの作品を話すとき補綴術について話す。マシュー・バーニーは、ある程度の潜在能力を回復する為に崩壊しバラバラになった世界において人類を可能にする補綴術としてのオブジェクトのこの意志を継承している。 Joseph Beuys(ヨゼフ・ボイス) http://images.

    Herzog & de Meuron メモ85

    El croquis129/130 P.276 Matthew Barney http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=Matthew+Barney&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 CREMASTER1 The Good Year Walz,1995 http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=CREMASTER1&

    Herzog & de Meuron メモ84

    El croquis129/130 P.23 J.H.:私達にとってカウントできることはタブローのそのような状態(西洋におけるアートの自治的な作品の規範、世界との同等性、主題との同等性)よりもそれが暗示している知覚の質である。人間の感覚はタブローの集中した世界の中で共に沸き起こる。 p.24 J.H.:ピクチュアー=サブジェ

    Herzog & de Meuron メモ83

    El croquis129/130 P.22 ジャック・ヘルツォーグとの会話 装飾、構造、空間 →Remy Zauggが最近亡くなったとのこと。まだ手元に届いていないが、回顧録が出版された。(井戸) Remy Zaugg http://images.google.co.jp/images?q=Remy+Zaugg&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5