CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • INCHOATE メモ24

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education Marc Angelil Actar P.34 「バロックはエッセンス(本質、実在)と関係しないが、むしろオペレィティブ(影響を及ぼす)ファンクション(機能)や特性と関係している。それは終わりなくフォールド(折り重ね)を生み出す。それは物事を発明(創案、創作、捏

    Deviations Designing Architecture: A Manual メモ10

    Deviations Designing Architecture: A Manual Birkhauser P.232 8 レイヤー化されたプラン ダイアグラムからマップ(地図)へ ジル・ドゥルーズとフェリックス・ガタリ、「資本主義と分裂症 Vol.2 千のプラトー」ミネアポリス、ミネソタ大学出版 1987年、P.12 Gilles Deleuze(ジル・ドゥルーズ) http://ja

    Deviations Designing Architecture: A Manual メモ9

    Deviations Designing Architecture: A Manual Birkhauser P.206 7 A Motion Machine(運動機械) Flowing Spaces(流動する空間) Albert Einstein(アルベルト・アインシュタイン) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7

    Deviations Designing Architecture: A Manual メモ8

    Deviations Designing Architecture: A Manual Birkhauser P.184 6 多次元ゾーニング 分類(格付け)を解きほぐすこと Gilles Deleuze(ジル・ドゥルーズ) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA Pierre-Félix Guattari(ピエール=フ

    Deviations Designing Architecture: A Manual メモ7

    Deviations Designing Architecture: A Manual Birkhauser P.175 衛生の規範はこのプロジェクトの中で問われた。幾つかのプログラム化された空間を見ると、衛生の異なったレベルが定義され組織化された。現われたものは家庭の領域の再区分であった。 P.176 断面 スペシフィックな(特定の)ゾーンでは、外被は内

    Deviations Designing Architecture: A Manual メモ6

    Deviations Designing Architecture: A Manual Birkhauser P.160 5 A Progaram Notation(プログラムの表記法) 日々のポストカード Robert E.Somol「まがいもののテキスト、あるいは現代建築のダイアグラムの基礎」ピーター・アイゼンマン「ダイアグラム ダイアリーズ」1999年 Universe Publishing ニューヨ

    Deviations Designing Architecture: A Manual メモ5

    Deviations Designing Architecture: A Manual Birkhauser P.130 4 空間的なアサンブラージュ(組み合わせ) オブジェクト(もの、客体)からフィールド(領域)へ ミシェル・フーコー「知の考古学」、ニューヨーク、Pantheon Books 1972年 Michel Foucault(ミシェル・フーコー) http://ja.wikipedia.org/wiki/

    Deviations Designing Architecture: A Manual メモ4

    Deviations Designing Architecture: A Manual Birkhauser P.92 「抱き合うこと」は、これらの学生達がダンサーを注意して見る間最も魅惑的なものだとわかった瞬間を記述する。石膏の模型は同様の方法で課題1からポジの空間がネガの空間を抱きしめさせておくことを意味する。 P.95 学生達は、彼ら自身のテリトリ

    Deviations Designing Architecture: A Manual メモ3

    Deviations Designing Architecture: A Manual Birkhauser P.73 ダンサーの間のネガの(反転した)空間をスケッチすることは時間の中の空間的な関係性を理解する最初の段階である。ダンサーの空間は絶えず変化するから、学生達は時間を道具にする技術を発展させ静止した模型にしなければならない。 P.74 タイトな

    Deviations Designing Architecture: A Manual メモ2

    Deviations Designing Architecture: A Manual Birkhauser P.50 スタディー模型 P.51 スタディー模型は最終の模型の潜在的な表明(明示)を探究するために一日中使われた。これらの展開(進展、考案)はファイナル・プレゼンテーション・ウォールの一部である。学生達は彼ら自身の作品のプロセスを可能な限り透明

    Deviations Designing Architecture: A Manual メモ1

    Deviations Designing Architecture: A Manual Birkhauser →以前に読んでいたInchoate: An Experiment in Architectural Education(Institut Pour La Ville En Mouvement)の続編、ETHでの建築教育カリキュラムの記録である。(井戸) P.36 学生達は毎週の課題を始める前に、デザインスタジオの中で彼らの作業場

    INCHOATE メモ23

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education Marc Angelil Actar P.526 ドローイングとモデルの制作を通してシンタックス(統語法、構文法)の読みと記述を試すこと。Cary Siressによるもの。 P.520 学期(6ヶ月間)の最後の数週間のスタジオ。 P.530 アニメーション化されたコンピューターモデルで示

    INCHOATE メモ22

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education Marc Angelil Actar P.490 デザイン・ワークは制作物の異なった意味(平面、断面、アクソノメトリック、ドローイング、模型等々)の間で変動しながら一連の変形として前進する。 P.492 課題7:モーション・マシーン(作動機械) P.493 課題10:エンヴェロー

    INCHOATE メモ21

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education Marc Angelil Actar P.474 4番目のステップは作用している隠された作用(媒体)、つまり社会文化的振る舞いを決定しているメカニズム(機構)を明らかにすることに関係している。(Dominik von Buerenによるドローング) →ドゥルーズとガタリの「欲望する機

    INCHOATE メモ20

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education Marc Angelil Actar P.460、461 1,機能と結合されたコード(法、規律)と分類法のプラグマティック(実用的)な調査研究。 2、可能な主人公の優位なポイントから枠取られた(作り上げられた)物語の調査研究。 3,プログラムを抽象的に操作できる構造と

    INCHOATE メモ19

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education Marc Angelil Actar P.440 プロセスは模型の制作とドローイングの制作の間を行ったり来たりする。形は翻訳(変質)と変形の過程を通して実体化する。 P.442 図と地の関係は維持されつつ解消される。 P.444 (最大限の覆いを提案する)建てられたファブリック

    INCHOATE メモ18

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education Marc Angelil Actar P.415 13C 集合的なパリンプセスト 都市の時間の経過 P.418、419 示唆するテキスト Andre Corboz ”The Land as Palimpsert”1983年 http://www.bibliomonde.com/auteur/andre-corboz-1150.html Jacques Derrida(ジャック

    INCHOATE メモ17

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education Marc Angelil Actar P.396 その作品は分析とデザイン(ドローイングと模型を使ってサイトの構造)を集める。 P.399 等価(同等さ)はスタジオの空間や地図の空間と領域の空間の間に確立される。 P.400 シンタクティック(統語法上、構文上)のドローングと模

    INCHOATE メモ16

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.383 Cary Siressによる予備的なノーテーション(表記) 学生の参加の前に講義形式のフレームワークをテストする。 Cary Siress http://www.arch.ethz.ch/jahrbuch00/text.php?lang=en&sub=1jahr&text=angelil P.385 テリトリー(領域)の書き直し

    INCHOATE メモ15

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.362、363 13A 一時的な地図作成法 抽出された土地 P.366、367 課題13Aはある仮の地図の構造に携わり、初めに下級教員によって創られ、その後学生のグループによって発展させられる。 示唆するテキスト 槙文彦「Investigations in Collective Form」1964

    INCHOATE メモ14

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.327 ポストカード・エクササイズ(ポストカードの課題) インスタント・ダイアグラム(即席図解) →ポストカードに日常の身の周りにあるものの図解を即席でかくという課題。(井戸) P.329 箱を広げる:三次元からの動き 二次元のドローイングへのモデル

    INCHOATE メモ13

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.292,293 12、フィードバック・ループ プロセスープロダクト P.294 Paul Feyerabend(ポール・ファイヤアーベント) 「Against Method,Outline of an Anarchistic Theory of Knowlege,1975」邦題「方法への挑戦―科学的創造と知のアナーキズム」新曜社 http

    INCHOATE メモ12

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.270,271 11、隙間の空間 線の間 P.272 Gaston Bachelard(ガストン・バシュラール)「The Poetics of Space」邦題「空間の詩学」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%8

    INCHOATE メモ11

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.246,247 10、包み(おおい) 表面を包むこと P.218 Jean Baudrillard(ジャン・ボードリヤール) 「On Seduction,1988」「De la seduction,1979」邦題「誘惑の戦略」 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%

    INCHOATE メモ10

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.226,227 9、構造 vs. 構造 具象的な抽象 P.228 Roland Barthes(ロラン・バルト) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88 P.230,231 9番目の課題は、重力に抗う建物のシステムと空間的な組成の

    INCHOATE メモ9

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.190 8、層状化されたプラン ダイアグラムからマップへ P.192 Anthony Vidler(アンソニー・ヴィドラー) 「Shifting Ground」The Architectural Uncanny,1992、原書のP.117~P.146参照 →邦訳書「不気味な建築」訳:大島哲蔵・道家洋 P.138~173「地表面

    INCHOATE メモ8

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.170 7、A Motion Macune(運動機構) Space Of Flow(流れの空間) P.174、175 7番目の課題は建築における動きの側面を探求する。;プログラムの緊急性として理解されることにより、動きは空間への効果として研究される。 Bernard Tschumi http://images.g

    INCHOATE メモ7

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.158 特徴は一連の2分法:内部/外部、個体/集合体、静的/動的、主/従、意識的/潜在意識的 によって形づくられる。 P.160 デザインの中でプログラミング戦略を研究しながら、コンセプトは区分が完全に維持されないところで探求される。 P.162 課題4と

    INCHOATE メモ6

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.142 ダイアグラムは、オリジナルの文学と建築的テキストのコード(符号)を再び書くことや脱領土化や再領土化するプロセスから引き出される。 P.146 ダイアグラムは、発生の道具として、そして作品を増進し発展させる触媒として使用される。 P.149 6、多次

    INCHOATE メモ5

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.131 5、ノーテーション(記述法)ダイアグラミング・プログラム P.134 テキストディスカッション: Umberto Eco (ウンベルト・エーコ)The Open Works「開かれた作品」青土社 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8

    INCHOATE メモ4

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.92 4、空間的なアサンブラージュ(寄せ集め) オブジェクトからフィールドへ P.96 テキスト:ロバート・ヴェンチューリ「建築における複合と対立」 Frank Stella(フランク・ステラ) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Fr

    INCHOATE メモ3

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.71 3、An Open Text 解釈的(説明的)な空間の分析 P.74 Pablo Picasso http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Pablo+Picasso&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi Coli

    INCHOATE メモ2

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.50 タンゴ・パフォーマンス 間の空間 P.54 Bruce Nauman http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Bruce+Nauman&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa=N&tab=wi http://en.wikipedi

    INCHOATE メモ1

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.32 白昼夢の空間 折畳むことと折り畳んだものを広げること P.36~P.37 Gerrit Rietveld http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Gerrit+Rietveld&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa