CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • Alvaro Siza メモ14

    El croquis 68/69(El croquis 68/69+95) P.22(P.22) Alvar Aalto http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&inlang=ja&sa=N&resnum=0&q=Alvar+Aalto&oe=Shift_JIS&um=1&tab=wi アルヴァ・アアルト http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%B4%

    Alvaro Siza メモ13

    El croquis 68/69(El croquis 68/69+95) P.21(P.21) A.S.:私はポルトガルの建築的文化の中で、事実まさに特定の時期と関係している言語や態度における内省を避けたかった。 Casa Manuel magalhaes(Alvaro SIza Private Houses 1954-2004 P.63~70参照) http://images.google.co.jp/images?svnum=10&h

    Alvaro Siza メモ12

    El croquis 68/69(El croquis 68/69+95) P.18(P.18) A.S.:例えば、ベルリンでは建築家が直接職人(労働者)に話しかけることは、施工会社より禁じられていて、実施デザインを手渡した以後は如何なる変更も認められない。オランダでは多くのプロジェクトは施工に建築家が直接指示できなくて、建築家の責任は

    Alvaro Siza メモ11

    El croquis 68/69(El croquis 68/69+95) P.17(P.17) A.S.:都市にとって重要な事はスペシフィックな(特異な)質である。 都市は常に連続や反復によって断片的につくられていて、その中で限られた建物だけが、その機能や表象において顕著である。このような都市の建築の二つの要素は補完している。 オブジェ

    Alvaro Siza メモ10

    El croquis 68/69(El croquis 68/69+95) P.15(P.15) Luis Barragan http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&gbv=1&q=Luis+Barragan&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&sa=N&tab=wi ルイス・バラガン http://ja.wikipedia.org/

    Alvaro Siza メモ9

    El croquis 68/69(El croquis 68/69+95) P.14(P.14) A.S.:私はこの一見明瞭に見えるプログラム的な不明瞭さは構造のフレキシビリティーへの興味により負っていると言ってきた。一見明瞭に見える非特質化は機能の深い研究無しにつくりだせない。・・・ 使用とは建設のある集中を通して普遍化される。・・・

    Alvaro Siza メモ8

    El croquis 68/69(El croquis 68/69+95) →久しぶりに読むので前回までのところを振り返る。(井戸) P.12(P.12)→レギュラー版ページ数(合本版ページ数) A.S.:スペインでは建築家は法律的に構造や機械設備に署名できるほど広範囲な技術的トレーニングをしなければならない。私はいつもこれは不必要だと論

    Alvaro Siza メモ7

    El croquis 68/69 P.13 A.Z.:あなたは建築家の受容力は分析よりも統合であると意味しているのか? A.S.:不変に適用される要素以前に学ぶべきメソッド(方法)なんて存在し得ないと私は信じている。それでも全体的な無知も存在しない。あなたは知識を蓄積することを止めることはできないだろう。私が言っている

    Alvaro Siza メモ6

    El croquis 68/69 P.11 A.S.:私は間違っているのかもしれない。しかしプロジェクトは分析から論理的に導き出されないものだと確信している。建築を学んでいくことは、実践の特殊性を通して引き出された、科学と関係の中では複雑にも一種の劣勢を通して進んできた。この知識の断片は過度に制度化されすぎた。あな

    Alvaro Siza メモ5

    El croquis 68/69 P.10 alejandro zaera(以下A.Z.): あなたは、何回か、プロジェクトの過程の引き金を引く最初の直感の重要性を強調してきた。しかしこの言説は私達には生きた情報を隠しているように思われる。この最初のアイデアの創出は役割上どんな力を果たすのか? Alvaro Siza(以下A.S.): この最初のア

    Alvaro Siza メモ4

    El croquis 68/69 P.72 antonio carlos siza house →この住宅をみているとクルト・シュヴィッタースのメルツバウを思い出す。(井戸) Kurt Schwitters http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=Kurt+Schwitters&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift

    Alvaro Siza メモ3

    El croquis 68/69 P.54 boa nova restaurant →大西洋側(レストラン西側)の窓はミースのチューゲントハット邸のように窓が床の中に(手動式)で降りていくような機構になっている。ミースはステンレス鏡面の建具でシザは木製建具。(井戸) boa nova restaurant http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie

    Alvaro Siza メモ2

    El croquis68/69 P.6 激動をすり抜けて アルヴァロ・シザへのインタヴュー Alvaro Siza:ユニヴァーサリティー(普遍性)とはニュートラリティー(中性)と同じではないし、建築表現における国際語でもない、それは根源から創造する能力のことである。 Alvaro Siza http://images.google.co.jp/images?q=Alvaro+S