CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • Joseph Beuys メモ3

    What Is Art? Conversations With Joseph Beuys P.9 J.B.:一方では私が見るには手術室の解剖学者や外科医のように問題にアプローチする先生達がいた。物まねの方法で物事にアプローチし、観察に基づくものだが、他のことばでいえばコピーするということである。 他方では彼ら自身のラディカルでスタイリスティッ

    Peter Zumthor メモ53

    PETER ZUMTHOR WORKS Buildings and Projects 1979-1997 Photographs by Helene Binet Text by Peter Zumthor Lars Muller Publishers P.7 Lightness and Pain 明るさと苦痛 私が建物を設計するプロセスの中で私に動機を与える美的な意図が何であるかを明らかにしようとする時、私は私の思考が、場所、マテリア

    INCHOATE メモ6

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.142 ダイアグラムは、オリジナルの文学と建築的テキストのコード(符号)を再び書くことや脱領土化や再領土化するプロセスから引き出される。 P.146 ダイアグラムは、発生の道具として、そして作品を増進し発展させる触媒として使用される。 P.149 6、多次

    Peter Eisenman メモ4

    El croquis 83 Peter Eisenman 1990-1997 P.6 ザエラ・ポロによるピーター・アイゼンマンとの対話 Alejandro Zaera-Polo(以下A.Z.P):私がもっとも明らかだと気付いたあなたの作品の解釈は発生へのかかわり合いであり、技術的にも文化的にも蓄積された知識あるいはその分野の経験にたよることなしにプロジェクト

    Michael Heizer メモ3

    Michael Heizer Germano Celant Fondazione Prada P.50 Circular Surface Drawing,1968 M.H.:経緯の中で作業による埋め戻しの2.75トンの荷重はトラックの荷台にシャベルですくい取られ、ハイスピードで円形パターンに掘られた。適用の方法は繰り返された。ただ表面だけが動かされた。 P.62 M.H.:大地(地球)は

    MVRDV メモ4

    El croquis 86(El croquis 86+111) P.11(P.15) MVRDV:(データスケープによる)形はいくらそれが複雑になったとしても再び自己説明的になる。 P.12(P.16) ヒストリー/フラットネス LMM+ET:あなたのプロジェクトについての説明の中であなたは何が建てられたか見る特別な方法とともに歴史の個人的再記述

    Felix Gonzalez-Torres メモ3

    Felix Gonzalez-Torres edited by Julie Ault P.40 RN:アートはパブリックとプライベートの、記憶と過去の間の領域の分類のしるしになった。 FGT:河原のペインティングの日付は抽象的だけれども、それらはまさに個人的なものだ。河原温から私はブレヒトのエピクディスタンス(叙情詩的距離?)の概念にジャンプ

    OMA/Rem Koolhaas メモ42

    Rem Koolhaas & Hans Ulrich Obrist (Conversation Series) P.13 Prada Herzog & de Meuron http://images.google.co.jp/images?svnum=10&um=1&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=Prada+Herzog+%26+de+Meuron&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 →マ

    Frank O. Gehry メモ2

    El croquis 74/75 (合本 El croquis 45+74/75+117) P.9(P.15) F.G.:アートはいつも私を魅了してきた。私が学校を出て建築家として働きだした時、建築家達は私をそんなに受け入れなかった。私の作品をこれらの人々(アーティスト)に見てもらうのは愉快な感じだったし、彼らは建築家達よりもよりいいと私は

    Rachel Whiteread メモ3

    Rachel Whiteread: Transient Spaces (Guggenheim Museum Publications) P.33 Joseph Beuys(ヨゼフ・ボイス)Fat Chair(1963) http://images.google.co.jp/images?svnum=10&um=1&hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=Joseph+Beuys+Fat+Chair&btnG=%E7%B9%A7%EF%BD%A4%E7%B

    INCHOATE メモ5

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.131 5、ノーテーション(記述法)ダイアグラミング・プログラム P.134 テキストディスカッション: Umberto Eco (ウンベルト・エーコ)The Open Works「開かれた作品」青土社 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8

    Dan Graham メモ3

    Dan Graham Contemporary Artists Series Phaidon P.11 D.G.:私の作品はいつも都市のプランについてのものであると考えている。 Roy Lichtenstein http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Roy+Lichtenstein&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&

    Donald Judd メモ3

    Donald Judd Colorist Hatje Cantz Publishers Some aspects of color in general and red and black in particular(1993) Donald Judd →これは下記のP.145~P.159にも所収されています。(井戸) Donald Judd Edited by Nicholas Serota D.A.P./Distributed Art Publishers,Inc. P.81(P.147)←括弧内はDonald J

    INCHOATE メモ4

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.92 4、空間的なアサンブラージュ(寄せ集め) オブジェクトからフィールドへ P.96 テキスト:ロバート・ヴェンチューリ「建築における複合と対立」 Frank Stella(フランク・ステラ) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Fr

    Alvaro Siza メモ20

    El croquis 95(El croquis 68/69+95) P.16(P.240) W.C.:あなたの建築は空間を捕まえることや人間が移動し近くや遠くのものを知覚する方法に関係している。 P.17(P.241) A.S.:もちろんあなたは建物を通しての知覚を条件としているが、しかし、あなたはそれを誇張しすぎないように注意しなければならない

    Peripheriques メモ1

    Your House Now 36 Propositions For A Home P.210~P.221 MR HOUSE Marin-Trottin(Paris) P.212 面積 延べ面積128.6㎡ 敷地面積1840㎡ コスト 躯体 36,600 Euros(\4,282,000.-) 構造スチールワーク 22,900 Euros(\2,679,300.-) 屋根/防水 25,700 Euros(\3,006,900.-) 外部大工工事+鉄工作 24,

    Peter Eisenman メモ3

    Holocaust Memorial Berlin Eisenman Architects Lars Muller Publishers Holocaust Memorial Berlin http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=Holocaust+Memorial+Berlin&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&um=1&sa=N&tab=wi P.65 過剰