CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • Felix Gonzalez-Torres メモ2

    Felix Gonzalez-Torres edited by Julie Ault P.39 Robert Nickas(以下RN):私はあなたの作品と関係してゲームや遊びなど幼年時代について考えていた。 この「隠して探す」という方法は私に幼少時代に基づいた記憶に集中させる。 Felix Gonzalez-Torres(以下FGT):人のアジェンダ(予定表、儀式)は「パブリ

    OMA/Rem Koolhaas メモ41

    Rem Koolhaas & Hans Ulrich Obrist (Conversation Series) P.11 Hans Ulrich Obrist(以下H.U.O.):なぜ特にレオニドフが? Rem Koolhaas(以下R.K.):それは全体的に直感的な選択だった。彼はラッシュの中の建築家だった。 彼はいつも黒地に白の線を使っていた。建築家が普通に使う白地に黒の線に反して

    Frank O. Gehry メモ1

    El croquis 74/75 (合本 El croquis 45+74/75+117) P.5 Victor Gruen http://en.wikipedia.org/wiki/Victor_Gruen Pereira & Luckman http://en.wikipedia.org/wiki/William_Pereira P.6(合併号P.12) alejandro zaeraによるフランク・ゲーリーとの会話  Frank.O.Gehry(以下F.G.):私は決して私自身

    Rachel Whiteread メモ2

    Rachel Whiteread: Transient Spaces (Guggenheim Museum Publications) P.48 C.H.:(ホワイトリードが住宅の階段や床を型にとることについて)あなたはそれじゃ建物をアーカイブする為の方法としてプロジェクトを見ているのか? R.W.:ある意味では。それはほとんど写真を撮ったり空間のプリントをつくったりす

    Dan Graham メモ2

    Dan Graham Contemporary Artists Series Phaidon P.10 D.G.:私は投影としてスライドを展示した。なぜならそれらが持っているドナルド・ジャッドの彫刻のプレキシグラス(アクリル樹脂)のような透明性が好きだったからだ。そしてそれらが投げ出され価値を持たないという事実が好きだったからだ。 これは「House

    INCHOATE メモ1

    Inchoate: An Experiment in Architectural Education P.32 白昼夢の空間 折畳むことと折り畳んだものを広げること P.36~P.37 Gerrit Rietveld http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=Gerrit+Rietveld&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift_JIS&um=1&sa

    Donald Judd メモ2

    Donald Judd Colorist P.80 Giacometti http://images.google.co.jp/images?svnum=10&um=1&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=Giacometti&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 Kimbell Museum http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=

    Alvaro Siza メモ19

    El croquis 95(El croquis 68/69+95) P.15(P.239) A.S.:私は建築それ自身の目的の為に「新しい」何かをつくり出そうと計画しないし、記憶は私の創作の過程において重大な役割を担っているのは明らかだ。 人が機能を深く研究するのは、機能から自由になるためであり、人がコンテキストの全ての側面を見よう

    Robert Smithson メモ2

    Robert Smithson The Museum of Contemporary Art,Los Angeles University of California Press Berkeley los Angeles London P.82 Moira Roth(以下MR):なぜ、あなたはデュシャンについて話すことに興味を持ったと言ったのですか? Robert Smithson(以下RS):それで、それ(Armory Show)はデュシャンがモダ

    彩り

    ラジオ(FM802)はミスチル15周年記念をやっている。 最近のお気に入り。 Mr. Children 彩り YouTube 彩りPV http://www.youtube.com/watch?v=IVFAKdTRgEo 彩り 歌詞 http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=B21431

    Constant Nieuwenhuys メモ2

    The Activist Drawing: Retracing Situationist Architectures from Constant’s New Babylon to Beyond P.17 Benjamin Buchloh(以下BB):COBRAの中でモンドリアンに対する反抗はあっただろう。 Constant Nieuwenhuys(以下C):勿論だ。しかし私はモンドリアンをよく知っていた。でなければ彼に反抗でき

    Herzog & de Meuron メモ103 Gerhard Richter メモ2

    Natural History P.201 HERZOG & DE MEURON AND GERHARD RICHTER’S ARLAS by Catherine Hurzeler アトラスを創り出す主なモチベーションの一つは、オーダーをつくりだすリヒターの熱情であり、コレクションは伝統的なアートの歴史的なカテゴリーに抵抗するものであり、間の何か、「ドキュメンタリーの

    James Turrell メモ2

    James Turrell Curator of the Exhibition and Catalogue : Ana Maria Torres IVAM Institut Valencia d’Art Modern GENERALITAT VALENCIANA P.59 Shallow Spacesについて(作品はP.130~P.143) J.T.:The Shallow Spaceの構築物は幾分、光が壁に存在できるところにおいて、このような小さな平面的な相違

    John Pawson メモ4

    El croquis 127 John Pawson P.14 思考の為の小休止 Deyan SudjicによるJohn Pawsonへのインタヴュー P.17 J.P.:あなたはすべてを完成させる、ライティングのしつらえも含んで。しかしあなたは決してしつらえるためのこの種のディテールを征服してはならない。あなたはそれを通して美しい彫刻のようなピースをつ