CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • OMA/Rem Koolhaas メモ30

    Rem Koolhaas conversations with students P.42 建築家としての職能の推し進め、その教育、風潮はまだ頑としてとてもノスタルジックな分析に根差している。 この爆発的状況に貢献している最も経済的に成功していて罪無き設計事務所が、今なお歩行者エリアや接続エリア等々口走りながら、彼らの設計した建物を生

    OMA/Rem Koolhaas メモ29

    Rem Koolhaas conversations with students P.37 1991年1月21日のセミナー P.42 Ricardo Bofill http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&q=Ricardo+Bofill&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 →P.38~P.42を要約すると、アメリカやヨーロ

    OMA/Rem Koolhaas メモ28

    Rem Koolhaas conversations with students P.32 建物の構造に関して、一種の感動や感情移入を引き起こす為、アーティスティックな効果として、トラスを変化させ操作することが可能になった。断面において、人は、あなたが持っているものは単なるイベントの積み重ねに過ぎないという観点から、如何に美術館の増大

    Alvaro Siza メモ7

    El croquis 68/69 P.13 A.Z.:あなたは建築家の受容力は分析よりも統合であると意味しているのか? A.S.:不変に適用される要素以前に学ぶべきメソッド(方法)なんて存在し得ないと私は信じている。それでも全体的な無知も存在しない。あなたは知識を蓄積することを止めることはできないだろう。私が言っている

    Alvaro Siza メモ6

    El croquis 68/69 P.11 A.S.:私は間違っているのかもしれない。しかしプロジェクトは分析から論理的に導き出されないものだと確信している。建築を学んでいくことは、実践の特殊性を通して引き出された、科学と関係の中では複雑にも一種の劣勢を通して進んできた。この知識の断片は過度に制度化されすぎた。あな

    Alvaro Siza メモ5

    El croquis 68/69 P.10 alejandro zaera(以下A.Z.): あなたは、何回か、プロジェクトの過程の引き金を引く最初の直感の重要性を強調してきた。しかしこの言説は私達には生きた情報を隠しているように思われる。この最初のアイデアの創出は役割上どんな力を果たすのか? Alvaro Siza(以下A.S.): この最初のア

    Alvaro Siza メモ4

    El croquis 68/69 P.72 antonio carlos siza house →この住宅をみているとクルト・シュヴィッタースのメルツバウを思い出す。(井戸) Kurt Schwitters http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=Kurt+Schwitters&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift

    Peter Zumthor メモ33

    Atmospheres P.27 材料のタイプと重量によるが、材料の間には批評的な(重大な)近接がある。あなたはひとつの建物に違った材料を併用することができ、各々の材料が作用するにはあまりにも離れていることがわかるある確かなポイントがあり、また各々の材料があまりにも近いために各々を殺してしまうポイントもま

    Peter Zumthor メモ32

    Atmospheres P.20 1,建築のボディー 建築を構成している物質的(材料的)な現前性であり、フレーム(構成)だ。これは私に肉体的な効果をもたらす。これは私にとって一種の解剖学である。 P.23 2,マテリアルの融和性(適合性) oak(オーク ドングリのなる木) http://images.google.co.jp/images?svnum=10&

    Peter Zumthor メモ31

    Atmospheres P.19 音楽の百科事典の中のある音楽評論家の一節を私は拡大し、私達のオフィスの壁に掛けている。私は言う「それが如何に私達が仕事に取り組むかということだ!。」その音楽評論家はある作曲家について書いていて、その作曲家の名前は推測の域をでないが、彼はこう記す「根本的な(急進的な)全音階

    Peter Zumthor メモ30

    Atmospheres P.12 →このページの写真をみていて思い浮かべたのはHenri Cartier-Bressonの写真。(井戸) Henri Cartier-Bresson http://images.google.co.jp/images?q=Henri+Cartier-Bresson&svnum=10&hl=ja&lr=&ie=UTF-8&oe=Shift_JIS&inlang=ja&start=0&sa=N http://artphoto-

    Peter Zumthor メモ29

    Peter Zumthor Atmospheres Architectural Environments・Surrounding Objects P.5 J.M.W. Turner http://en.wikipedia.org/wiki/J._M._W._Turner http://images.google.co.jp/images?hl=ja&inlang=ja&ie=Shift_JIS&q=J.M.W.+Turner&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&oe=Shift_JIS&am

    Peter Zumthor メモ28

    Thinking Architecture P.93 日没から日の出まで私達は私達自身がつくりあげた照明で自身をしつらえる。その光は私達の意志でつけることができる。このような光は日光と比較できない。それらはあまりにも弱く、そのちらつきの激しさはあまりにも息がつけない程で影を迅速にばらまく。 しかし、私はこのような光を

    Peter Zumthor メモ27

    Thinking Architecture P.90 谷崎潤一郎 In Praise of Shadows http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B0%B7%E5%B4%8E%E6%BD%A4%E4%B8%80%E9%83%8E P.91 最近、山へハイキングに行ったとき、道に沿って咲いている山岳植物の花の色が黄昏の後も少しばかり燃え立つように光り輝いていて、それはまるで花が光を蓄えてい

    Peter Zumthor メモ26

    Thinking Architecture P.89 風景の光 月の光 私は月の光の中で大地(地球)に事物を投影する影が僅かに分離を探しているのを創造する。 私は光の根源と大地(地球)へうつし出される事物との間の宇宙的な視点で理解するにはあまりにも小さくあまりにも近寄りすぎている。 私が光と影、月の光と影、太陽の光と影

    Peter Zumthor メモ25

    Thinking Architecture P.85 現実の魔法(魅力)それは私にとっては現実の物質を人間の感覚へ変換し、事物、建築空間の物質と形態が純粋に感情的に適切で同化されうる特別な瞬間を創りだす「錬金術」である。

    Peter Zumthor メモ24

    Thinking Architecture P.83 現実の魔法(魅力) P.84 私が広場の雰囲気についてこれらのコメントを書いていたとき、私は私が見た全てに完全に魅了されていた。 今私の注意を再読し、何が私の心を動かすのか考えてみた。 全てだ!全て 物事、人々、空気の質、光、騒音、音、色。テクスチャーや形ばかりでなく物