CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • Peter Zumthor メモ15

    Thinking Architecture P.48 カリフォルニアの学校を訪れたときのこと スイスの学校にあるような知識をひけらかすような洗練がない。この訪問は行くだけの価値があった。 P.49 18歳の家具の徒弟のころの最後に自分の為につくった家具(ベッド、カップボード)について ウォルナット(クルミ)でなくアッシュ(樫

    Peter Zumthor メモ14

    Thinking Architecture P.43,44 →ズントーが奥さんと泊まった山のホテル(設計者は画家)のディテールと雰囲気の事。(井戸) P.45,46 →ズントーが奥さんと訪れた暗い小屋を改装したレストランのディテールと雰囲気の事。(井戸)

    El croquis スペイン特集メモ1

    El croquis 106/107 P.194,195 John Cage http://images.google.co.jp/images?q=John+Cage&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 Jorge Oteiza http://images.google.co.jp/images?q=Jorge+Oteiza&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 Eduar

    Peter Zumthor メモ13

    Thinking Architecture P.39 Graubunden http://images.google.co.jp/images?q=Graubunden&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 Jura mountains http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=Jura+mountains&btnG

    Peter Zumthor メモ12

    Thinking Architecture P.34 Wallace Stevens http://en.wikipedia.org/wiki/Wallace_Stevens P.36 Martin Heidegger(マルティン・ハイデッガー) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%AC%E3%83%BC http://en.wikipedia.org/wiki/Martin_Heidegger マルティン・ハイデッガーは彼の

    Peter Zumthor メモ11

    Thinking Architecture P.32 もし私がPeter Handkeを正確に理解しているならば、人工的な活動によってつくり出されたものの中の人為性を消し去りそれらを普通で自然な世界の一部にする困難というあまりに馴染みのある気付きばかりでなく、真実はそれら自身のものの中にあるという信念に私はここで直面していると

    Peter Zumthor メモ10

    Thinking Architecture P.32 スイスの同僚であるHerzog and de Meuronは、単一の全体としての建築はもはや現在存在しない。それ故に建築はデザイナーの頭の中で正確な思考の行為として人為的に創造されなければならないという。この2人の建築家はこの仮定から思考の形態としての建築の理論を導き出し、私が思うに

    Peter Zumthor メモ9

    Thinking Architecture P.31 John Cage(ジョン・ケージ) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B8 http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=Shift_JIS&q=John+Cage&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=&sa=N&tab=wi ジョン

    Peter Zumthor メモ8

    Thinking Architecture P.29 William Carlos Williams http://en.wikipedia.org/wiki/William_Carlos_Williams Peter Handke http://en.wikipedia.org/wiki/Peter_Handke ウィリアムの詩は表面上は非感情的で簡素に表現されている。それが彼の言葉がそのような強い感情的な衝撃を持つ理由である。 建物で感情を刺

    Peter Zumthor メモ7

    Thinking Architecture P.24 Ettore Scola(エットーレ・スコラ)の「Le Bal」(ル・バル)1983年Film http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD11086/index.html P.26 建築は生活にさらされる。もし建築の身体が十分に敏感であるならば、それは過去の生活の質の証拠を提示する質をおびることができる。 P.27 完成

    鈴木崇展『Altus-spatium』

    サードギャラリーAyaに鈴木崇展『Altus-spatium』を見にいく。 http://www.threeweb.ad.jp/~ayay/artists/suzuki_takashi/index.html 鈴木さんの作品は、作品が二つのピースになっていて、写真の焦点が存在しない作品で、一つの写真を分割したものなのか、二つの写真を組み合わせたものなのかがわからない。そこ

    Peter Zumthor メモ6

    Thinking Architecture P.19 Per Kirkebyはかつてカッセルのドキュメンタの展覧会で家形のレンガの彫刻をつくった。その家はエントランスがなかった。その内部は入ることができず隠されていた。それは秘密を残し、彫刻の他の質に神秘的な深さのオーラを付け加えていた。私は家のその隠された構造と構築は、それら

    Peter Zumthor メモ5

    Thinking Architecture P.18 存在する状況との意味のある対話へと入っていける質を新しい建物が持つということは介入の質にとっては重要だ。というのも、その介入がその場所を発見することであれば、それは既に存在するものを新しい光の中で私達に見せるにちがいない。水の中に石を投げ込めば、砂は渦巻き、再び

    Peter Zumthor メモ4

    Thinking Architecture P.15 ボイスやメルツや他のアーティストは個々のパーツから全体を創り出す時、しばしば空間の中にルーズなセッティングつまり、巻く、包む、重ね合わせを使用した。 全体に対する私達の知覚は、本質的でないディテールによってかき乱されない。全ての手触り、全ての連結、全ての接合部は、

    Peter Zumthor メモ3

    Thinking Architecture P.12 しかし、音の世界はメロディーやハーモニーやリズムの反対のものも包み込む。現代音楽はこのような要素(不協和音やブロークンリズムや音の塊や機能的な純音)とともに作用する。現代建築はちょうど現代音楽のようにラディカルであるべきだ。しかし、限界がある。 建築はそれ自身の領

    Peter Zumthor メモ2

    Peter Zumthor Thinking Architecture P.9 バッハの音楽について最も印象深いものの一つはその「建築」であると言える。その構造は明確で透明である。全体(その全体はディテールの感覚をつくりだす)としてのコンポジションのフィーリングを失うことなしにメロディーのハーモニーのリズムの要素を追及することが

    Peter Zumthor メモ1

    Peter Zumthor(ピーター・ズントー) http://images.google.co.jp/images?hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja&sa=N&resnum=0&ct=result&cd=1&q=Peter+Zumthor&spell=1&tab=wi Peter Zumthor Thinking Architecture P.7 ものの見方 P.8 幼いころのキッチンやガーデンの匂いや材質やド