CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • OMA/Rem Koolhaas メモ26

    Rem Koolhaas conversations with students P.29 →OMA/Rem Koolhaasの斜床は、ベルギーのSea Terminalで螺旋状のスロープのレストラン、パリ図書館案でのビデオライブラリーの螺旋状のヴォイド空間、クンストハルの交差する斜めの床のサーキット、ジュシュー図書館案の旋回しながら斜めの床が断片のように継続し

    OMA/Rem Koolhaas メモ25

    Rem Koolhaas conversations with students P.25 パリ図書館案について 私達は形の発明を通してすべてのことが解決されなければならないという建築の規範にますます抵抗していった。 Rem Koolhaas http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=Rem+Koolh

    雨の中ギャラリーへ

    信濃橋画廊で池田啓子さんが3月25日まで展覧会をされているそうなのでいってみた。 池田さんがおられてひとしきりお話に付きあっていただけた。一つだけの作品(一部屋のみ)だったが、緊張感のある静かな作品だった。 池田啓子 http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&

    OMA/Rem Koolhaas メモ24

    Rem Koolhaas conversations with students レム・コールハース:学生との対談 P.19 ベルギーのSea Terminalについて P.20 建築家としてのキャリアの最初では、私達は私達が下す判断がもはや機能的に基づかないまさにアーティスティックな選択に直面しているとわかった。というのも問題は合理的な方法で分析する

    OMA/Rem Koolhaas メモ23

    Rem Koolhaas conversations with students レム・コールハース:学生との対談 P.13 ラヴィレット公園案 20世紀最後のヨーロッパにおいていかなる「密集」が意味を持つのか? この公園のコンセプトはアメリカの摩天楼から導かれ、そこは一連の活動がたった一つの建物の中に重ね合わされている。 P.14 Leon Krier

    OMA/Rem Koolhaas メモ22

    El croquis 79 P.24 Surrealism http://images.google.co.jp/images?q=Surrealism&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=%83C%83%81%81%5B%83W%8C%9F%8D%F5 Rem Koolhaas conversations with students レム・コールハース:学生との対談 P.11 1991年1月21日のライス大学での講義 P.12 このパリの住宅(ヴィラ・

    OMA/Rem Koolhaas メモ21

    El croquis 79 P.23 そして、私は、ビッグネスは断片化や混沌の強迫観念を乗り越えるのにも役に立つと考えている。 おそらくこのようなモノリシックな形体は、明らかに私達を脅し、よりオーセンティック(典型的)で、コンテキストにスペシフィックな態度よりも、かつてつくりだされた最も正確な断片化よりも違う

    OMA/Rem Koolhaas メモ20

    El croquis 79 P.22 日本において伝統的なモチーフを持とうする必要性は、西洋においての必要性も同じだが、例えそれが洗練されたネオモダニストのサークル内であろうと、過去の占有物の反響する痕跡を増幅し、つくり出すために、典拠になるものとして過去の構築物を読むことの無力さを示す。それらは必要と思わ

    Herzog & de Meuron メモ76

    EXPANDING THE CENTER Walker Art Center and Herzog & de Meuron P.10 J.H.:ポンピドーは近隣全体をギャラリーや小さなストアーとともにアートのディズニーワールドに変えてしまった。 Pompidou http://www.centrepompidou.fr/Pompidou/Accueil.nsf/tunnel?OpenForm http://images.google.co.jp/images?hl=

    Herzog & de Meuron メモ75

    EXPANDING THE CENTER Walker Art Center and Herzog & de Meuron P.9 J.H.:ボイスは実際自然の過程、例えば蜂蜜の制作物や蜜蜂の巣箱の組成などを社会的な過程にたとえていて、それは私にはとても興味深かった。 P.V.:バーニーのクレマスター2は蜜蜂の活動と社会的あるは普通の規範としての蜜蜂に基礎をお

    Herzog & de Meuron メモ74

    EXPANDING THE CENTER Walker Art Center and Herzog & de Meuron Walker Art Center http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=Walker+Art+Center&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 http://www.walkerart.org/index.wac P.8 ヘルツォーグ アンド

    Herzog & de Meuron メモ73 Remy Zaugg メモ7

    HERZOG & DE MEURON 1992-1996 The Complete Works Volume 3 P.232 J.H.:私達はドナルド・ジャッドの例を挙げることができる。彼はアーティストであるが建築に転身しその上建築の本まで書いている。彼のマーファでの作品は魅力的だ。彼の彫刻は恐ろしいぐらいの美しさを持っている。しかし、主要な町が影響

    Herzog & de Meuron メモ72 Remy Zaugg メモ6

    HERZOG & DE MEURON 1992-1996 The Complete Works Volume 3 P.230 R.Z.:私は、新しい考えや提言を受け入れる態度を意味している。未来の建物や絵画がどのように見えるべきかを今日知ることを拒むことだ。それはアートは何か、建築とは何かということを知ろうとしない意志である。もし私達がアートや建築が何

    Herzog & de Meuron メモ71 Remy Zaugg メモ5

    HERZOG & DE MEURON 1992-1996 The Complete Works Volume 3 P.228 H&deM:かつて私達の研究の最初から、アーティストとの接触は、私達に有能で興味深い人々の大多数は建築よりもファインアートを選ぶということを示してきた。 Thomas Ruff http://images.google.co.jp/images?q=Thomas+Ruff&ie=Shift_J

    Herzog & de Meuron メモ70 Remy Zaugg メモ4

    HERZOG & DE MEURON 1992-1996 The Complete Works Volume 3 P.227 Karl Blossfeldt http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=Karl+Blossfeldt&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 http://www.artbook-tph.com/blossfeldt.htm

    「名和晃平のCELL「現実」の表皮を解体する試み」を読んで

    ノマルでの名和晃平さんの展覧会でお会いした、金悠美さんから「美術フォーラム21 2005 Vol.12 」を郵送していただいた。 早速、金さんの書かれたP.18~「名和晃平のCELL「現実」の表皮を解体する試み」を読んでみた。 名和さんの作品は先ず美しいなと思っていて、それ以上の意味を探ろうとはあえて僕はしていな

    Herzog & de Meuron メモ69 Remy Zaugg メモ3

    HERZOG & DE MEURON 1992-1996 The Complete Works Volume 3 P.226 コラボレーションについて Remy ZauggとJacques Herzog/H&deMとの会話 Remy Zaugg http://images.google.co.jp/images?svnum=10&hl=ja&inlang=ja&lr=&ie=Shift_JIS&q=Remy+Zaugg&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5 Alfr

    Herzog & de Meuron メモ68

    HERZOG & DE MEURON 1992-1996 The Complete Works Volume 3 P.23 H&deMが影響を受けたという(言っているのはGerhard Markですが)Lucius Burckhardtの本を持っていました。工場の廃虚の写真集です。大島哲蔵さんが亡くなった時、大島さんの事務所をみんなで整理していた時出てきた本で、僕はそれを直ぐに

    Herzog & de Meuron メモ67

    HERZOG & DE MEURON 1992-1996 The Complete Works Volume 3 P.22 (Ricola AGでのカーテンについて) アーテイストRosemarie TrockelとAdrian Schiessとコラボレーションの中で、繊維は消滅しそれらのテクスチャーで区別される。それらの相互干渉の中で私達に(Adrian Schiessのカラーパネルのような)絵画