CATEGORY
  • Aires Mateus
  • Alvaro Siza
  • Anish Kapoor
  • Architecture Dialogues
  • Axel Hütte
  • Bernd and Hilla Becher
  • Bruce Nauman
  • Carl Andre
  • Carsten Nicolai
  • Christian Kerez
  • Constant Nieuwenhuys
  • Dan Graham
  • Daniel Libeskind
  • Donald Judd
  • Elmgreen & Dragset
  • ETH
  • Felix Gonzalez-Torres
  • Frank O. Gehry
  • Gerhard Richter
  • Gordon Matta-Clark
  • Hans Ulrich Obrist Interviews Volume 1
  • Herzog & de Meuron
  • James Turrell
  • Jan De Cock
  • Jeff Wall
  • John Pawson
  • Jorge Oteiza
  • Joseph Beuys
  • Kazimir Malevich
  • Krijn de Koning
  • Kurt Schwitters
  • Land & Environmental Art
  • Marcel Duchamp
  • Michael Heizer
  • Mies van der Rohe
  • Minimalism
  • MVRDV
  • Olafur Eliasson
  • OMA/Rem Koolhaas
  • other architects
  • other artists
  • Peter Eisenman
  • Peter Zumthor
  • Rachel Whiteread
  • Richard Serra
  • Robert Morris
  • Robert Smithson
  • Roni Horn
  • Sol Lewitt
  • Steve Reich
  • Thomas Demand
  • Thomas Ruff
  • Valerio Oligiati
  • Yona Friedman
  • Yves Brunier
  • Zaha Hadid
  • 今日の出来事
  • SEARCH
  • 2014年September
  • 2014年May
  • 2014年April
  • 2014年March
  • 2014年February
  • 2014年January
  • 2013年December
  • 2013年August
  • 2013年July
  • 2013年June
  • 2013年May
  • 2013年April
  • 2013年March
  • 2013年February
  • 2013年January
  • 2012年December
  • 2012年November
  • 2012年October
  • 2012年September
  • 2012年August
  • 2012年February
  • 2012年January
  • 2011年December
  • 2011年November
  • 2011年September
  • 2011年August
  • 2011年July
  • 2011年June
  • 2011年May
  • 2011年April
  • 2011年March
  • 2011年February
  • 2011年January
  • 2010年December
  • 2010年November
  • 2010年October
  • 2010年September
  • 2010年August
  • 2010年June
  • 2010年May
  • 2010年April
  • 2010年March
  • 2010年February
  • 2010年January
  • 2009年December
  • 2009年November
  • 2009年October
  • 2009年September
  • 2009年August
  • 2009年July
  • 2009年June
  • 2009年May
  • 2009年April
  • 2009年March
  • 2009年February
  • 2009年January
  • 2008年December
  • 2008年November
  • 2008年October
  • 2008年September
  • 2008年August
  • 2008年July
  • 2008年June
  • 2008年May
  • 2008年April
  • 2008年March
  • 2008年February
  • 2008年January
  • 2007年December
  • 2007年November
  • 2007年October
  • 2007年September
  • 2007年August
  • 2007年July
  • 2007年June
  • 2007年May
  • 2007年April
  • 2007年March
  • 2007年February
  • 2007年January
  • 2006年December
  • 2006年November
  • 2006年October
  • 2006年September
  • 2006年August
  • 2006年July
  • 2006年June
  • 2006年May
  • 2006年April
  • 2006年March
  • 2006年February
  • 2006年January
  • 2005年December
  • 2005年November
  • 2005年October
  • 2005年September
  • 2005年August
  • 2005年July
  • 2005年June
  • 2005年May
  • 2005年April
  • 2005年March
  • 2005年February
  • 2005年January
  • 2004年December
  • 2004年August
  • 2004年July
  • 2004年June
  • 2004年May
  • 2004年April
  • 2004年February
  • 2004年January
  • 2003年December
  • 2003年November
  • 2003年October
  • 2003年September
  • 2003年August
  • 2003年July
  • 2003年June
  • 2003年May
  • Guiseppe Terragni メモ1

    ザハのcroquisもまだ半分ぐらいなのに今日はテラーニの本をブラブラと眺める。テラーニの本といえばelectaから2冊程コンプリート・ワークスが出ていたがイタリア語でかつ既に絶版という感じだった。しかし今手に入る本としては以下の2冊が代表格というところだろう。 Guiseppe Terragni: Transformation, Decom

    respect Mies

    ザハもリベスキンドもミースの延長上でやっているなというのは、濱田さんの指摘を聞くまでもなく、クロッキーの小さなスケッチやドローイングを追いかけていると誰でも気付いていた事ではないだろうか。大島さんにはよくリベスキンドやザハ、H&deM、コールハース、アレッツ、コープヒンメルブラウ、ヌーベル、ア

    OMA in KYOTO

    今日は京都工芸繊維大学にOMAの白井さんの講演会を聴講しに行ってきました。なんと71年生まれだから僕より1歳上。的確なプレゼンテーションは雑誌で予備知識が既に入っている自分でも相当面白かった。内容は主にポルトのコンサートホール、シアトル公立図書館、ヨーロッパのアイデンティティ、CCTV、TVCC、中国

    おぼろげながら始めよう

    いろいろやりたいことが出てきて仕事との両立をどうしようと思っているのだが、 ザハ、リベスキンド、シザ、ズントー、ホール、モネオ、コールハース、H&deM、アイゼンマンを自分なりにまとめようと思う。HP作りは年明けになりそうなんですけど。 そこでアイゼンマン、リベスキンドをまとめるにあたりテラーニ

    デュシャン展

    今日はやっとデュシャン展に行ってきました。最終日でかなりの人・・・。 予想通りデュシャンの歴史が語られ、歴史的意義がわかるような展示。 若い兄ちゃんが連れの女の子にデュシャンのウンチクを語っている。 どこからチケットがまわって来たのかわからんオッサンオバチャンまで。別にオッサンオバチャンにゲ

    予習

    アーキレビューの予習に今日と明日は時間をとろうとおもう。 といっても自分の本棚の本を見る口実なんですけど。 遅まきながらで時間がなさすぎるのでツマミ読みツマミ見ぐらいになりそう。 本棚から今日引っ張り出してきた本 「ARCHIGRAM 」出版社:Centre Georges Pompidou 「ARCHIGRAM 」出版社:RITTER VERLA

    まだまだ回復まで時間がかかりそう

    今日は起きたのが午後2時、20代の様な睡眠時間だ。 請求書の作成や年賀状の原稿作成に追われる。 昨日は青木淳の作品集とヴィト・アコンチの作品集とティルマンスのview from aboveを眺めていたが、まだ精神が通常の状態に戻っていないらしく、ドップリ本の世界の中に入ることができない。 通常であれば、2時間